なんとなくスカタン

スカタンな女の日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金沢(里見町・片町):ビストロ高柳(フレンチ)、えべっさん(串カツ)

(忘年会 その2)
あぁ・・さむ、寒いので、スキー場かスノーマンかと間違えられるような服装で。
友人と行ったのはビストロ高柳という、1階がワインバー、2階がフレンチをいただけるビストロ。
フランス直輸入の食材や地元の新鮮な魚介を取り入れ、素材の美味しさを引き出す
シンプルで繊細な味わいのフレンチなお店。

この店が昔、片町の裏通り木倉町の「やきとり横丁」にあった頃、
一度だけアダルティーな人に連れていってもらったことがある。
(部活の顧問の先生に連れていってくれとセガール)

当時カウンターだけの狭い店内に流れていたのが、ELSA というフレンチポップ。
フレンチポップが心地よかった私はその後CDを買いにいったっけ。フレンチポップの目覚め。

その後、フレンチではなく小汚いカウンターに目覚めたようではあるが、
さて、まずはチリ産のワインで乾杯。
●タスマニアサーモンの軽い燻製
画像がイマイチ、すまんです、サドンデス。でも旨い。
柔らかくて燻製の香りがよい感じ
●ブルターニュ産赤座海老のポワレ・サラダ仕立て
細い海老の先っぽはどこまで食べればいいのかわからんっ。
ナイフとフォークがキリキリキリ・・・・ガッ!!!←海老の飛ぶ音
●さつまいものスープ、ブルターニュ産幼鴨もも肉のコンフィ

幼鴨の味は鴨というよりも、チキンの濃い~味。
鴨が苦手な人でも食べられるかも。
●イベリコ豚の生ハム、チーズの盛り合わせ

デザートを食べるつもりが、酒のツマミを頼んでしまったぁ!!
でも、いいの1階はワインバーだから(理由になってない?)

イベリコ豚(黒)との味の比較用に白ブタの生ハムもちょっぴり入ってる。
やっぱり黒ブタの方が柔らかくて濃くがある。
誰かに「この黒ブタめ!」と言われても味のある女のような気がしてきた。

チーズはやはりミモレットがお気に入り。あの!!ひからびたチーズね、あの!

2階で食べたけど、気軽にくつろげる雰囲気だった。
出掛けにシェフとちょぴり昔話をして店を出る。


デザートを食べるつもりが、串カツ屋に来てしまったぁ!!
というわけで、えべっさん
お得な価格で浪速の味を堪能できる串揚げ専門店。
お得な価格のせいかすごく混んでいた。

豚カツ、つくね、シロ、砂ずり、うずらの玉子、スジ、ホタテ、レンコン、チーチク、どて焼き・・
ってどんだけ食べるんや!
味は普通・・こんなものかな。値段も安いし。(たくさん食べてるけど)

でも、写真が1枚しかないよね?・・・・うん・・それはね。

ワインを飲んで、さらにこの店でも飲んで、
油っぽい串カツを食べたら気分が悪くなってしまった。←食べすぎ?

友人に別れをつげ、とっととタクシーで家に帰ったものの、気分は悪いまま。
結局、鬼太郎になってしまった私。(何?と、突っ込まなくても判るよね)。

あぁー!反省、反省、ド反省!!!もったいない!!!(違)
今年の最後に重大な反省になってしまった・・・。
飲んだら寝るな、寝るなら飲むな・・とつぶやきながら、ベットにメイクも落とさずそのままグー。
これもまたやってしまった・・・。

これは、もうもっと美味しい串カツを食べるしかない!!
というわけで、大阪に行ってきます。

※ちゃんと忘年会があるの。
でも、外は雪が降ってる・・・列車動くか心配!

スポンサーサイト
  1. 2005/12/29(木) 08:00:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:36

金沢(鞍月):ル・マルカッサン(ベルギー料理)クリスマスディナー

クリスマスに行ったのはベルギー料理のル・マルカッサン
前回はアラカルトだったけど、この日はコースが決まっている。

お酒に弱い婦女子の定番のセリフ、「飲みやすいものを」とかわいこぶり、
フュルスト・フォン・メッテルニヒ(ドイツのスパークリングワイン)を選択。
さらに飲む時に小指を立てておけばよかった・・・(私がやると、マイク・マイヤー?)
ベルギー料理と言えば、ベルギービール。

最近、東京駅に出来たTOKIAにもベルギービールのお店がある。
シェフによると、ここにベルギー修行時代に一緒に働いていた後輩がいるという。
肝心のビールのお値段は、この店の1.5倍かそれ以上高いらしい。(ここは地方値段か)

(私)
●ベルビュー・クリーク
ランビックにブラックチェリーを6週間~9ヶ月間漬け込みフィルターろ過したもの。
チェリーの香りがかぐわしく、苦いからとビールをあまり飲まない私でも美味しくいただけた!
うーん、これは乙女ビール認定だ。

(無道)
●ヒューガルテン・グランクリュ
大麦麦芽をじっくりと発酵させたフルーティーでほのかな甘さが特徴。
●ギロチン
メニューになかったのだけどお勧めで注文。
アルコール度数が高いので、飲みすぎるとまさにギロチンのように首がカクッとなるかも。
●オルヴァル
トラピスト(修道院)で作られたビール。フルーティな香り、苦味の効いた味わい。
アミューズはチーズのブリュレ
上のカラメル部分が甘いけど、下はしっかりチーズ味で不思議な美味しさ。
バターが星型になっていてかわゆい。

一応、blogの事を伝えて写真の許可をもらったのだけど、
周りのお客は人物を写す中、私は食べ物オンリー。いっぺんで見分けがつく。
●フォアグラとウズラのファルシー(ベルギーリュージュ産ナツメヤシと洋梨のジャムのソース)

ここは前菜が結構量が多くて幸せ気分。フォアグラの濃厚な味が旨い。

肝マニア倶楽部としては、一度、茨城の民宿に泊まって、あん肝を溶かしたあんこう鍋をいただきたいという夢がある。
テレビ番組で、漁師のおっちゃんが港で直接鍋であんこう鍋を作っているのを見るともうダメ。
サブちゃん歌うから食べさせてぇーー!

●キャビアとジャガイモのカザック(レモン風味のクレームシャンティ)
ふわっとこされたジャガイモに塩味のキャビアとかすかな酸味が混ざって繊細な味。
●フランス産キノコのヴルーテスープ・カプチーノ風
口当たりが滑らかで泡も立っていて本当にカプチーノちっく。
すっごくキノコの香りが強い。フランス産のキノコは香るそう。
トリュフも香るものね。
これもテレビでよく見るけど、新鮮なトリュフをかけたパスタを食べてみたい~!
(あんこう鍋に続き、食ドリーム)
トリュフは豚が狩人らしいけど、見つけるとすぐ食べちゃうから犬に代えたって話を
昔、スヌーピーの本で読んだことがある。(しょうろってキャラがいたような)。

子供の頃読んだ絵本、漫画のたぐいで頭にぽわわと思い出すのは
必ず食べ物にまつわるシーン!!

●ベビーオマール海老のポワレ百合根のソテー添え(ベルギーホワイトビールヒューガルデンのソース)オマール海老が歯ごたえがある。
●スペインの黒豚イベリコ豚のロース(ラズベリーの蜂蜜ソース)
イベリコ豚は味が濃い。このままリアル豚になろうとも、豚肉は大好き!
●ベルギー産チョコレートのフォンダンショコラ・出来立て沖縄さとうきび糖のヴァニラアイス添え
アイスが柔らかい甘さで美味しい。
フォンダンショコラにフォークを入れると熱々のチョコがトロっと。

器もお店自体の雰囲気もシンプルで清潔感があるし、堅苦しくない気軽な感じも好き。
マスターもソムリエの奥様もいろいろ聞いても、丁寧に教えてくれたりして感じがいい。
次は大好評の子イノシシ入荷の時にぜひぜひ行きたい!!ジビエの鬼になるぞ。

その後は、ホテル日航金沢のスカイラウンジ、ル・グランシャリオへ。
落ち着いてカクテルでも飲みたいな~と思っていたのだが、元宝塚歌劇団の男役をしていた高塚瑠莉さんのディナーショーが行われていて、私たちはいきなり一番まん前のテーブルに案内された!!
何故か前の方のテーブルだけいくつも開いていたのだ・・・避けとるんか!!


かぶりつきのテーブルに座った瞬間に高塚さんに強烈な笑顔を向けられ腹をくくる。
途中だったけど、華麗な歌を堪能。
でも、クリスマスディナーのコースも終盤らしく、お客さんの目はあまり舞台に向かっておらず、ざわざわとした雰囲気に包まれていたような気がした。

それでもとびきりの笑顔を絶やさずに宝塚のヒットソング「スミレの花咲く頃」を歌う高塚さんだった。

さすがヅカ魂!
  1. 2005/12/28(水) 12:40:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:24

ローストチキン、カプレーゼ

クリスマス聖夜も過ぎましたね。
アンディ・フグの子供の名も「セイヤ」
↑これは空手の気合い。セイヤァー!

クリスマスと言えばローストチキン。
去年は味付けは塩と胡椒だったけど、今年は
Fuxokさんに夏にいただいたレモンペッパーを使って焼く。レモン、ソルト、ペッパー、ガーリックなどが含まれていて、お魚やステーキに使える簡単すぐれもの。

クリスマスといえばチキンレッグが大人気。
私も仕事帰りにスーパー2、3軒探しにいったのだけど、遅い時間だったせいかどこも売り切れ。
翌日、買ってきたけど、能登鶏のレッグ1本しか手に入らなかった。
もう1つは普通のモモ肉・・・ちょっと決まらないけど、仕方ない。

後は去年の作り方とほぼ同じ。
レモンペッパーを肉にヌリヌリして、くず野菜の上に肉を置き、
ハーブとガーリックスライスにオリーブオイルをダラァ~っとかけて焼くだけ。
とっても簡単、目分量の鬼。

ベランダからぶっちぎってきたローズマリーの臭いが強烈!!
ん?ローズマリー・バトラーの歌も強烈?
ローストチキン、こんなん出来ましたぁー!
薄味だけどしっかり味がしみたお肉とハーブ&ニンニクの香りがいい香り。
結構美味しく出来たと思う。
くず野菜も並べてみたけど、油っぽいのでポテト、人参だけで限界。
まぁ普通食べないんだけど。
●カプレーゼ
トマトとモッツァレラチーズ切って並べて、塩・胡椒・オリーブオイルをかけただけ。
うっかりブラックペッパーと粉胡椒を間違えてかけてしまった!(右側に)
ケーキはモロゾフのアップルチーズケーキ(ホールで)
・・と、お家のクリスマスディナーはこんな感じだった。

そして私がクリスマス連休前日に買ったものといえば、
ノートン先生。
最近、音楽CDを入れたら、何やらソフトが立ち上がりPCが動かなくなったりして、その後に調子が悪くなったり、ウイルスメールが送られてきたりと、そんな時はいつもノートン先生に頼っている。今はWINだけど、マック時代からずーっと購入している。
今回は2003年のバージョンアップ版がもうないので、2006年版を購入。

期限切れのお知らせは購入するのに何かと便利。
パソコン立ち上げるたびに「有効期限が・・・」と言い渡されると、
ナショナルのCMを見ているように落ち着かなくなるので。

  1. 2005/12/26(月) 23:59:00|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:38

石川(金沢):ゴーシュ(カフェ)、高田屋(居酒屋)

(忘年会その1)

今から雪が降る気まんまんの風景が広がるひがし茶屋街
観光客らしい若いギャル娘4人衆が、「この寒さは想定外だわ!」といいたげな足取りでさっさと写真だけ撮って去っていく。ヒールの高いブーツがつるっとなで危なげ。

最近の格好はモコモコダウンジャケットに長靴という日本海味噌のユキちゃんもビックリの
雪ん子スタイルなのだが、さすがに友人との忘年会なので長靴は皮のロングブーツに。

友人との待ち合わせ場所はこのメインストリートの1つ裏手にある茶房 ゴーシュで。
ゴーシュは150年以上前の民家を使った東山界隈にある和カフェ。
カウンターと窓側の席は床暖房になっていて温かく、ほっこり落ち着いた空間が人気で
観光客も多く訪れるので結構有名。
友人によるとランチに食べた「茄子カレー」が美味しいらしい。

この日はむちゃくちゃ寒かったのだが、友人を見るとすごく不思議なセーターを着ていた。
モコモコっとしたそのセーターは、あちこちに違う模様の編みこみが入っていたり、
ボタンが花柄だったり、裾がピエロのようにギザギザだったり・・・。

「そのセーターかわいいね」と言うと、「自分で編んだの」と答えが。
「何か本に出てたん?」と聞くと、「自分で適当にデザインした」というではないか!
びっくりサンコン。。信じられないわ・・・。

自分はただまっすぐ編むだけのボロマフラーに悪戦苦闘しているというのに。
「ガーター編みだけど、ガッタガッタ編みなのー」と無理に仁王スマイルしているというのに。
彼女が編み物の神様みたいに見えてきた。軽くジェラしぃ。

ケーキセット。オレンジタルトを選択。
ケーキ屋さんから取り寄せているというケーキは結構いける。
コーヒーはサイフォンで沸かしているので2~3杯は飲めた。

観光客がガイドブックを読みながらお茶ならば、私たちはホットペッパーを見ながら
夜の場所さがし!!

団体客ですでに一杯な所は避けつつ・・と思ってみていたら、
目に入った生ラムジンギスカン一人前880円→500円の文字。
生ラム!すきよ、すきよ(ウッフン)♪←ラム違い

クーポン券を握り締めて、武蔵の北前そば・高田屋へ。

Jazzが流れる店内で、蕎麦・焼鳥・創作料理etcが味わえる。全国に支店があるみたい。
お刺身はすぐ近くの近江町市場から新鮮なものを。
●鶏皮ポン酢のおろし添え、焼酎のそば茶割り

お蕎麦に力を入れているお店ということで、焼酎にも蕎麦をチョイス。
そば茶や、そば湯の温かい焼酎を飲めば体ポカポカ、蕎麦で健康的夢気分。
●まるごと大豆の青竹豆腐

青竹に入っているお豆腐は竹の風味!?かかすかに甘い。
こってりしていて旨い。
●串焼き(つくね・レバー)
●お蕎麦屋さんの出し巻き玉子

つくねは玉子の黄身につけていただく。黄身がすごく濃厚!
その濃い玉子で作ったダシ巻きは、ちょっと固め。もーちょっとふんわりしていて欲しい。
●生ラムジンギスカン

キター!ラムラムラムラムラムラムラムッシュームラムラ♪
最近お久のラムだったので嬉しいわ!!生ラムは臭みもなくさっぱり。
臭みたっぷりのマトンでも大丈夫だけどね。キングオブ臭。臭キンと書くと微妙。
●ざるそば(友人)
●鴨南蛮ソバ(私)

北前そばは案外普通かな・・前日に手打ちの美味しいお蕎麦屋に行っただけに。
でもダシは結構好きだし、鴨肉ラブ。

会計時にクーポンを出して、個別に支払う計算をしてお釣りを貰う。
ハキハキしたお姉さんがちょっと計算に戸惑っていて、
「間違っていたら、後で追いかけますから!」というので、
「隣のスタバにいます!!」と答えると、
「後で行きます!!」と元気に答えていたけど、追っかけてこなかったので
ちゃんと計算は合っていたみたい。

チョコレートマロンケーキ(ホイップ追加)
ビターチョコレートを加えた生地の中に栗の甘露煮。

夜のカフェで独身女2人でしゃべり場なんだけど、
この2人の間では、結婚とかもういい年齢だからってな話題に何故かいつも向かわない。
動物の話、健康について、映画・芸能から世界の宗教問題まで話は尽くことなく。

友人は昔の着物着せてひがし界隈を歩けば、昭和初期の女流作家のような不思議な雰囲気を持っている個性的な人。
どこどこの服、何々の物、生きていると欲望は飽きることなく自分にいろんなものを張り付けて。
でも、それを剥いた時に結局一番大事なのは、その人本人の個性や魅力だなぁ・・といつも気付かせてくれる人の一人。

彼女には携帯も必要ないし、布があれば自分で手作り、もちろん手料理。
パラサイトな私は、今年は料理の努力が足りなかったとか、もっと自分に対しての挑戦や普段の中で出来る事を考え始めていた。。。
ちょっと真面目フィーリングにはいっちング、まいっちング。

さて、年末が近づいて、今年の反省モードに入ってきましたよ・・・。
  1. 2005/12/25(日) 15:32:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:43

東京(品川):Da Noi Altri(イタリア料理)、ドゥバイヨル、ジュヴォー

11月6日の昼めし
宇都宮からガッ!と東京に移動して、品川駅でブロガーさんと待ち合わせ。
「じぶん日記」の55aiaiちゃん「まいにちをおいしくたのしくBlog」のapple_ibookちゃん
高輪東武ホテル1階にあるDa Noi Altriにランチに行ってきた。
Da Noiは西麻布の「リストランテ・ダノイ」の姉妹店。高輪はトラットリアなので、ややカジュアルな雰囲気らしい。

この日はアップルちゃんは風邪ひきさん、aiちゃんはマスクマン、私は旅疲れのピークで
顔がなんとなくどよんど
だが、2人は2品までだったのに、私はせっかくだから・・と前菜・パスタ・メインのコースに。
旅先でのせっかくだから病は女を大胆にさせる。

前菜盛り合わせ
いろんなものを少しづつが好きなのだ。
スパゲッティーニ なんとかトマトソース
この日はネタ帳にメニューを書くのを忘れた。
でも、パスタはコクがあって美味しかった覚えがする。
白金豚ロース肉のソテー 香草オリーブソースだったかな?
こちらもお肉と香草の香りがマッチ。
どれも味がハッキリしていて私は好きだった。
デザートいろいろ。カシスのシャーベットが美味しかったな。

ご飯を食べた後はDEAN&DELUCA・品川エキュート品川に連れていってもらう。
DEAN&DELUCAに金沢・ヤマト醤油の「いしる」が売っていたのは驚いた。
エキュートでは「つばめグリル」や「とんかつまい泉」があるので、お土産に買いたくなる。
「セゾンファクトリー」も地元に一部しか置いてないから、選び放題なのがよいな。
で、私のお目当てはドーナツプラント。
ドーナツとベーグルを行商人のように買って帰った。

その後、東京駅まで移動して、職場用の山吹色の菓子を一緒に選んでもらった。
会社のお姉さま方にお土産を上納しないと風当たりが強いので。

ほんと2人とも体調が万全でないのに、ランチに付き合ってもらってありがとう!
私は自分自身のお土産を買うために丸ビルへ行こうとするが、
いつも地下で迷ってしまうのでaiちゃんに案内してもらう。
東京駅からいつも乗るのになさけないわー。なさけなさ君は1000%。

丸ビルで買ったお土産↓

ドゥバイヨルのオランジェット
ベルギーにアトリエを構え、フランス最優秀職人のタイトルを持つマルク・ドゥバイヨル氏のお店。丸の内オアゾにはカフェもある。オレンジピールをビターチョコレートでコーティング。
オレンジピール好きとしては見逃せず買ってきた。ウマー。
ジュヴォーのパット・ドゥ・フリュイ
フリュイと聞くとオヒョイを思い出すのは私だけね?南フランス・プロヴァンス地方のお菓子ショップ。フルーツを1口サイズに凝縮したパット・ドゥ・フリュイは、マンゴ、アップル、フランボワーズ、アプリコット、バナナ、イチゴなどの種類があってフルーツの香りだっぷり。
しかし、実際のフランスではこんな1こ1こじゃなくて、ガサーッ!と山のように置かれているお燗。

東京→越後湯沢までは新幹線で。
乗り換えしなくてはいけないので絶対に眠れないのだけど、疲れにはアルコール必須。
メルシャンのギュギュッと搾ったシリーズがお気に入り。殆どが果汁50%以上は含有されているので、ジュースを飲んでいるみたい。
これはマンゴーシトラス。
隣のメガネキラーンな男子はshipsの袋を足に挟み、ゲームボーイミクロで一通り汗を流した後、食い入るようにファッション雑誌を読んでいた。お前はオシャレ武者修行者か!

お酒が入ってよい気分になっていたのだが、越後湯沢で強風のため
列車が途中で立ち往生しており、何時に到着するか分からないとのこと。。
ホームで寒い中待ちぼうけすることに。。。

北風~君にとどきますように~♪(槙原敬之)

激さむっ!!風いらんっ!!
出発時間が分からないので、ホームでご飯を食べ始める私。
柱の陰に身を隠してもあまり意味がないほど風が強い。
それでも、サラダ、玉子焼き、ロール寿司、さらにドーナツまで食べきる。
越後湯沢の駅のホームには温泉が湧き出ている。
このセクシー温泉に手を浸すと、すごく温かい。
北海道はあったかいよ~と叫びたくなるわ。←シチューか。
結局、1時間以上待って汽車に乗り、金沢に到着したのは午前様。

最後の最後で疲れた旅だった・・その後、一週間は死に体になったし。
でも、雪で運休になるよりは遥かにマシなのだろうと思う。(そっと、窓の外を見る)

aiちゃんの記事
  1. 2005/12/24(土) 02:24:00|
  2. 東京
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:26

正嗣(まさし)の餃子と陶芸体験のマイ益子焼き

栃木旅行の後、ミユキちゃんがご推薦の「正嗣(まさし)」の餃子を送ってきてくれた。
宇都宮餃子といえば「みんみん」が有名だけど、この「正嗣」も老舗の1つ。

なんでもみんみん派正嗣派が存在するらしい。
なるほど老舗ともなると、餃子戦国時代絵巻が繰り広げられるのね。
お互いに本店の場所は近いみたいだし、修学旅行の定番の1つ、商店街での不良のにらみ合いのように火花が散っているのかしら。

ミユキちゃんはもちろん「正嗣派」で、私に食べさせたかったのだが、「宇都宮餃子共和国」には出店していなかったので、わざわざ送ってくれたのだ。ありがとねありがとね。
冷凍の餃子は、油で熱したフライパンにしいて、水を半分ほど入れて蒸し焼きに。
ラー油がたっぷり入ったタレも付いているので、それにつけていただく。

野菜多めの餃子が美味しいよ!いくらでも口に入っていく。
何も考えずにパクパクパク・・・と食べてたら、あら?いつのまにかお皿が空に。
危険だ!この餃子は・・・はかられた。


さて、栃木の益子で陶芸体験をしてきたが、そのマイ・フェバリット作品がやっと届いた!
ミユキちゃんからもメールで写真を送ってもらう。
●ミユキちゃんの作品

ほーう!なかなか、ええじゃないか。えーのか、ええのんか(つるこう)
綺麗な形に仕上がってるじゃない、姉さん。
焼き鳥の串を入れる器もちゃんと出来てるし(鍋のお玉を入れる器らしいが)。
●私の作品

あらあらまぁ・・・・と近所のオバチャン風になってしまうほど、何故かやたら分厚い!
それもそのはず、ロクロで仕上がった時点で少し厚みがポッテリーナ状態。
その後、焼けば縮むことを考慮しなかったので、余計に厚くなっている。

見かけは渋いので、トロロや酢の物などを入れるイメージかしら?
焼酎カップだった器は、縮んで湯のみサイズに。

そして、さらに分厚いだけじゃなく、重いんです!
うちの母に見せると、「重い、分厚い、洗いにくい」と三重苦を突きつけられた。

湯のみや小鉢を持ってみると・・・・確かに重いわ。
サスペンス劇場でよくある「鈍器のような物で・・・」というのがピッタリなイメージ。

巨人の星の養成ギブスよろしく、
毎日使っているうちに筋トレの修行になるという事を証明できる日も近いわ!

でも、いくら親に文句を言われても、自分で作ったものだからやはりかわいい。
これから毎日の食卓に活用していくぞー!!

陶芸のコツは「縮むことを考えて、薄く、やや大きめに」ですわよ、奥様!
  1. 2005/12/22(木) 01:52:00|
  2. 栃木
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:45

栃木(宇都宮):宇都宮餃子館(餃子)

11月6日の朝めし

栃木を離れる朝。 目覚めてすばやく着替え、目指せまっすぐ宇都宮餃子館
この店で朝食をとること3度目。(一度目二度目
これで密かに心に留めておいた「餃子に始まり餃子で終わる」という
「餃子上等」精神を貫き通したわけだ!全米が泣いた!

店に入ろうとすると開店時間を過ぎているにもかかわらず、
「準備中」の札が貼られたままで、もちろんお客は誰もいない。
「店の電気系統が一部故障して、空調も冷凍庫も使えない状況」とお店のオバチャン。
旅行中なんだという話をすると、空調が効かないので臭いかもしれないけど、それでもよければ入っていいよとのこと。オバチャンありがとう!!そして準備中の店のまま中へ。
●鮮肉餃子と舞茸餃子
「手作りの舞茸餃子だよ~」と持ってきてくれたオバチャン。
舞茸餃子は、舞茸がいっぱいで柔らかく結構好きな味。

宇都宮の餃子は野菜多めの傾向にある。
ここに来て初めて餃子を食べた時は、正直言って物足りなさを感じた。
いつも家で肉肉しい餃子を食べていたからかもしれない。

でも、さすがに旅の間、毎日餃子を食べ続けたら見るのもいやになるだろうと思っていたのだが、いやになるどころか全然平気。
野菜が多めなので、そこまでしつこくなく、これなら毎日でも食べられる!
栃木の人たちが餃子を頻繁に食べ続けられるわけだ。

私はジェイミー・オリヴァーが雑誌のインタビューで言っていた言葉を思い出した。

「日本の素材は気候の違いで、総じて水分が多いし、また体もそれを美味しく感じるようになっている」

環境によって体もそれを美味しく感じるようになっていること。
那須高原からくる野菜多めの餃子をここの人は美味しいと感じる体になっているのだ。
私も何度も食べているうちにこのヘルシーな餃子が好きになった。

私がこの旅の中で一番気に入ったのはここの餃子
大きくて皮がもちもちして中は野菜たっぷり。

この記事の宇都宮餃子館はそれなりの味。駅に近いし、早朝から夜遅くまで営業しているし、
オバチャン親切だったし。旅行者には便利だよね。

皆さんも栃木に来たら1軒だけで判断しないで、
時間があればいろいろ食べまわってみると楽しいぞ!←クッキングパパ!?(この人の指摘w)

この後、まっすぐに金沢に帰らずに何故か東京に向かった。
背中で人生を語る女としては鈍行列車が一番さ。
(新幹線の切符代を浮かすため。財布の中身にも哀愁を感じる)

つづく


  1. 2005/12/20(火) 11:45:00|
  2. 栃木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34

栃木(宇都宮):KUSHIKYU949(居酒屋)

11月5日の夜めし
まだ栃木の旅の記事です。
朝ギョー、昼ギョー連爆したので、
少しでもお腹を減らすためにカラオケに。
そういえば画面のMAROON5(マルーンファイブ)を、ずっと「まろーん・ご」と読んでいた私。
勝手な思い込みする事はよくある。会社で「KAT-TUN」のことを「かっつん」と思い込んでいて笑われたことが。私の中でカトゥーンと言えばカートゥーンネットワークなのだが。

最近新しい曲を仕入れてないけど、ここは意外と女らしい面をアピールしておこうかしら。
と、まず私が選択したのは、チャラの「ミルク」。←CHARA好き

しかし、私が歌いだしてすぐに、てんぼちゃんヒェェックション!
と、カトちゃんクシャミを炸裂させたので、噴出してしまって中断。
その後、何度も立て直そうとするけど、どーにも思い出し笑いしていかんザキ!!

オトメ大作戦大失敗の私を尻目にミユキちゃんの歌のうまいこと。
中島美嘉の聴かせる系、女性ボーカル中心なんだが、とにかく声量があってうまい!
エロスな歌い方がシビれる。おばちゃんはリビドーを感じたわ。

てんぼちゃんは槙原敬之に徳永英明と男性ボーカル多し。
ラッツ&スターの「め組の人」・・・渋いよ。おっさん狙い?
おっさん志願ならば、次はぜひとも「与作」を歌ってほしい。

んでもって私。筋肉少女帯のリクエストがあったので歌う。
定番の「踊るダメ人間」を歌った後、「釈迦」を立ち上がって、頭を振りながらシャウトォォォオ!
完全叫び系の歌に、ひ・・引いちゃったかしら?
※通信カラオケ会社の人へ。「オレンヂエビス」も入れてください。
「ラッシャー木村はえらい!」を叫びたいから。

その後は「今夜はブギーバック」とか、「ヨーデル食べ放題」とか。
さらに逮捕ミュージシャン岡村靖幸の「聖書」はセリフから笑えますで。
ってお笑いか!オトメ道から完全にそれました。シメは「恋のマイヤヒ」。

こんな私も会社の飲み会でのカラオケでは大人しいの。
ただでさえ真面目で大人しいおじ様たちが多い職場。
おじ様は今流行りの無難な歌か、昔の歌を好んでいるから、
とてもお笑いやら激しい歌は歌えない。
前に「ヨーデル食べ放題」を歌ったときに引かれてしまったし。←歌ってるし。
基本的にはアホアホな歌もヘタな洋楽もオッケーな気軽な友達と行くのが一番よね。

栃木最後の夜ごはんは、JR宇都宮駅東口(足利銀行裏)にあるKUSHIKYU949にて。

繁華街に向かっていくのが西口なので、どうしてもそちらに行きがちだが、東口にもお店はちょこちょこあって、宇都宮餃子館のビルなどもある。
KUSHIKYUは無国籍居酒屋で、メニューがすごく多い。
ミユキちゃんは遅れて来る予定だったので、てんぼちゃんと先に注文することに。
何を頼む?で、「やっぱり皮とか」でハモッてしまう親父系な2人。

特にテンボちゃんは、甘いものがやや苦手、酒は焼酎でオトメ酒はナッシング、
最近日本酒に目覚めてきたらしく、将来、親父になる素質は充分。
これは有望な若者だわ・・。←何の

●鶏皮、レバー、ナンコツ、海鮮塩ユッケ
●揚げジャガ明太、モッツァレラ大葉串揚げ、アボガドと生ハムのイタリアンサラダ、厚焼き玉子

途中からミユキちゃんも加わったけど、どうも餃子が消化しきれなかったらしく、
食欲はあまりないみたい。。その分、私たちが・・ウホッ
●川海老の唐揚げ
富山に行くと白海老のから揚げ、金沢だと甘海老をよく食べるけど、
川海老のから揚げも美味しい~旨味。
●手羽先、梅ささみ串、おしんこ、白玉ぜんざい抹茶アイス
宇都宮駅東口にそびえ立っているのは、あの名高い餃子像
夜に見ると微妙に怖い。食虫植物に喰われた人間のようにも見える。
しかし、餃子に食われるほど、栃木の人は餃子が大好きということかなん。

宇都宮駅で3人はお別れ。
ミユキちゃんテンボちゃん、栃木にいる間、本当にお世話になりました。
とても楽しかったし、感謝してます!ありがとう~!!

この後、私は大人しくホテルに帰りました(ハシゴしてまっせん)。

3日目オワリ。(←でも、まだオワリじゃない)
  1. 2005/12/18(日) 23:59:00|
  2. 栃木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:39

金沢:一心屋(ラーメン)

アリエナ~イ(瀧 夏彦風)
本当に今回の大雪はいつもの12月中旬にはありえない。
一ヶ月後の大寒あたりの積雪量ではなかろか。

今週から一気に金沢は雪模様。
昨日は20分早めに家を出たのに雪でのろのろ渋滞のため遅刻ギリギリ。会社が終わっても車に積もった雪をどけて雪かきしなければ帰れない状態。

昨日は雪ニモマケズ、ジムに。
脂肪を溶かすための情熱は誰にも負けん!!←行く時だけ。
エアロビを2つこなして体はHOT、HOT。

しかし、お風呂あがりの後に駐車場に行くとまたもや雪が車に積もっていた!
雪をどかしいるうちに、地面にたまった雪と水のハーモニーがスニーカーの中に。。

ううう・・足が冷たい・・体が寒い・・・凍えちゃう・・・。
凍えそうな鴎見つめ泣いていました アアアアー♪

こんな時は温かいラーメンを食べるしかないっ!!
雪のわだちにタイヤがはまりそうになりながら駐車場に突っ込む。
なんか車が店の入り口から突入したニュースを思い出して怖かったわ・・。

一心屋
金沢市北町丁22(090-2831-6163)11:30~23:30
ラーメン(600円)+味玉(50円)
麺がもちもちとしてコシがあって美味しく、チャーシューもトロッとして香ばしい。
トンコツ醤油のスープは私にはややしょっぱかった。
この店は餃子も有名らしい。(また餃子かよ!って?)

ちなみに今日は30分早く家を出て早めに着いたのに、駐車場に除雪車が来なくて車が入れない。んで、皆で朝から雪かき・・・。
←朝焼けみちゃったよ。
さ・ら・に・・
飛んで飛んで
田んぼに落ちている車。
まわってまわって
スピンして脱輪している車。
円広志している車
を今年もう見ちゃった。
続きを読む
  1. 2005/12/16(金) 01:57:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:48

栃木(宇都宮):宇都宮餃子共和国、Donatellos(アイス)

11月5日の昼めし2
やってきました!「宇都宮餃子共和国」
今年の夏にオープンしたばかりで、駅から車で10分ほどのカルマーレ宇都宮1階にある。
しかし、シャトルバスは10月2日で終了したそうで・・・電車で行く人にはちょと遠い。
右が店内の共和国への入り口。
餃子の形のランプがかわいいー!部屋のインテリアに欲しいくらい。
共和国だけに餃子大統領はいないのかなー?「私が社長です!」みたいに宣言してほしい。
土曜だったので、共和国はかなり込み合っていた。
餃子屋さんの半分以上が宇都宮餃子のお店で、後は大阪、東京、浜松、香港など。
装飾の凝り具合はスィートフフォレストよりは凝っていると思うよ。←比べるものが。

ちょっとした横丁にパブ「ラーユ」などがあったりして渋い!!
ニラ香水とつけたママとかが中にいるのかしら・・・。

さっそくいろんなお店の餃子を買ってきて食べるゾー!
●みんみん
昭和30年創業の宇都宮餃子の有名店。やはり並んでいました。
野菜の味が強いかな。裏がカリッと焼けている。
●さつき:宇都宮中心部にあり手ごろに食べられる人気の店。
●龍門:厳選素材をいろいろ使っているらしい。

中心のイベント広場に「山田邦子」が来ていたらしいが、
餃子を食べるのに忙しくてそれどころじゃないのよー!
写真は上が「さつき」、下が「めんめん」
さつきは口に入れたら・・・熱い!!少し甘めの味。
めんめんは、カリカリ部分が多い。香辛料のような香りがした。
●シンフー:いろんな味の餃子があるらしい。10種類以上の調味料をブレンド。
写真は「龍門」と「シンフー」
龍門は皮が美味しい!シンフーはカニキムチの味!?

わかっているとは思いますが・・・・
3人で分けて食べてます!!

書いておかないといらぬ誤解をまねくから。(カレーは各自で注文したけどね)

カルマーレのビルには他のテナントとして、駄菓子屋、アイス屋、パチーーーンコ屋などが入っている。

パチーーンコと言うと、ついニコラス・ケイジを思い出してしまうのだけど、私の希望としては
デルピエロにCMに出演させて、
「出玉、出るピエロ!」
と言わせてみたいのよね。
この親父ギャグだけのために。
(一応ファン)

そうそう餃子を食べた後で、この館内にあるドナテロウズでデザートをいただいた。
一号店は恵比寿から。
イタリアンジェラード独特の製法で、新鮮な牛乳、旬の果実・野菜を原料にしている。
ビューティー&ヘルシーをかかげているだけあって、健康的なメニューも沢山ある。
な・・なんだ、この逆カラフルなデザートの配色は。

●青汁きなこ豆乳(てんぼちゃん)
●とうるーふぁーサンデー:カルシウムセサミ(私)
●アイスダブル:カルシウムセサミ&鉄分バニラ(ミユキちゃん)

特にこのカルシウムセサミ配分が多いとコンクリートジャングルのような。
てんぼちゃんは地蔵アイスと突っ込んでいた。

これだけ健康的なメニューを食べれば、体に良い気がするよね。
(所詮デザートだからカロリー高いけどね・・・)

つづく

テンボちゃんの記事
  1. 2005/12/15(木) 01:39:00|
  2. 栃木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

栃木(宇都宮):CAFE PRAKTICA(カフェ)

11月5日の昼めし
ハセキョーならぬ、朝ギョーをした私は、てんぼちゃんが待つパルコで合流してしばし店内散策。
宇都宮はジャズの町でもあるそうで、階のフロアーにジャズコーナーが展示されてたり。

この日のお昼は3人で「宇都宮餃子共和国」という餃子テーマパークで食べる予定。
ミユキちゃんが合流するまでに時間があったのでお茶をすることに。

「CAFE PRAKTICA」
こじんまりとした店内は落ち着いてる色使いに、ところどころに可愛い仕掛けがある「フレンチスタイルのカフェ」がコンセプト。
ドリンク、ご飯、ケーキ、お酒など、ちょっと立ち寄ってのんびり過ごすのにピッタリな雰囲気。

この店に入る前にも私の好きなファイヤーキングやオシャレなインテリアが売られている雑貨屋さんに立ち寄ってくれたり。

「このままでは栃木は大食いとラーメン&餃子の店ばかりだと思われてしまう!!」
とてんぼちゃんも危機感を持っていたのね!先の人

「でも、本当はこの近くにあるすごい量のあるカレー屋さんに連れていきたかったんですけどね」と、てんぼちゃん。

また大食いかよ!!w 
というか、大食いカレー屋さんに行ったら餃子テーマパークに行けませんから。
でもちょっと興味あるわぁ。

そして、お店のメニューを見るとランチに「ベトナム風チキンカレー」の文字が。
お、おいしそう~お店の中からカレーの匂いもプ~ンと。
ゴクリ・・・時間はすでに12時・・ハラヘリヘリハラ。
いいいまからミユキちゃんも来るし・・ドドドドドドリンクだけにしないといけないよね。
と言いつつ、頭の中は空腹のため思考回路不能に。ドドドドゴゴゴゴ。

「食べちゃいましょうか?」とテンボちゃん。

「食べても餃子大丈夫だよね!」と私。
↑何をもって大丈夫なのか、まったく根拠がないのだが。

人の事、よく食べるというけれど、てんぼちゃんもなかなかのもんです。
ここだけの話・・・。

結局、誘惑に耐え切れずカレーを注文。
ミユキちゃんが到着する前に食べちゃって、それから餃子ね!

でも、注文してからやや時間かかっていたので、
内心ハラハラちょっとイライラ←というか顔に出ていた。
いかんいかんね、ここはカフェ。まったり過ぎていくのがカフェ時間。
なのに私のマイタイムは「はよカレーこーい!」とカウンターがっつりカレー用

付いてきたサラダ。全体的にドレッシングが混ざっている。
私の選んだアイスコーヒー。
↑真冬でもアイスコーヒー飲む女。カフェイン中毒ぎみ。
●ベトナム風チキンカレー
一口食べて・・おぉ、美味しい。
そんなに辛くなくマイルドながらスパイシーな香り。麦ご飯がまたよいわ。
なんでも、水は一切使わず、ココナッツミルクでまろやかに仕上げてあるらしい。
この間、カフェメシうんぬん言ってたけど、美味しいカフェ飯は大賛成!
こちらにも紹介されているよ

カレーを食べている間にミユキちゃんがお店に来てしまい、一緒にドリンクを飲むことに。
先に食べてしまってゴメン~呆れただろうね。

大丈夫!今からの餃子が、お昼本番だから!
カレーは・・?

つづく
  1. 2005/12/13(火) 15:55:00|
  2. 栃木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:38

栃木(宇都宮):宇都宮餃子館(餃子)

11月5日の朝めし
益子でいくつか器を購入したが、手荷物として持ってみるとものすごく重く、他の荷物と共に持ち帰るのは難しい。
手荷物だと破損も心配だったので、そうだ宅急便として送るぞ!
とりあえず何もなかったので、
早朝から近くのコンビニに行き、
「宅急便を送りたいのですが、箱ないですか?」と聞くと、ジュースの箱、さらにプチプチをもらえた。(おねーさんサンクス)
さらにガムテープを借りて、箱を組み立てさせてもらい、ダンボール箱を一先ずホテルに。
それとお皿を包むクッションのためにスポーツ新聞を購入しなくちゃね。
買うのはいつも会社で読んでいる日刊スポと東スポ。

決してHGとインリン様の記事を読みたかったわけではないのよ
いやークッションが必要だし、しかたなく!

この日はまず栃木てれんこてれんこ通信のテンボさんと、午前中に待ち合わせの予定。
朝ご飯を食べるために一人で宇都宮駅前の宇都宮餃子館へ。

2回目ともなればもう慣れたもの。5、6回になればもう常連。10回以上いけば店のヌシ。
9時前に行ったけど、お客は1、2人ぐらい!?

●エビ入りつぼみ餃子
この日は趣向を変えてスープ餃子に。水餃子とは書いてない。。
つぼみというだけあって、大きさが普通の半分くらい。ちっちゃい餃子。
その代わりスープの量が多いよ。。
中にはチマッとした海老が入っている。ちょっと堅かったかな。。
さすが駅前にあるお店らしく芸能人の色紙も多数飾ってある。
「くりぃむしちゅー」の文字が見える。
●野菜餃子
基本中の基本。ニラ、キャベツ、豚肉を地鶏卵とゴマ油、日本酒、しょうがでブレンド。
ここのは皮がふにゃとしている。やはりジモラーよりも観光客用のお店なのかな?
でも、6時半から開店しているし、近くにスタバがあるけど、
せっかく宇都宮に来たので、とりあえず朝ごはんは餃子で突き進むわ。

10時近くから宇都宮駅前のファッションビルララスクエア宇都宮でふらふらウィンドウショッピングしていたのだけど、11時半頃になってメールが。

しかし、メールがいっぺんに2つも来ている上にメールの内容が
「電話しても電波の届かない場所におられますって言われますー」って・・えぇ!!

どうやら私の携帯、FOMAが電波を受信できなかったらしいのだけど、
駅前の大きなショッピングモールの中にいるというのに・・・。
FOMAがときたま場所によっては電波が通じなくなるというのは本当だったのだ。
私は今遊びだけど、仕事中で同じ状況になったら、かなり困るんじゃない?

こんな所でジダンが地団駄踏んでもどうしようもないので、
とりあえず街の中心部のパルコで待ち合わせということで、そちらに向かうことに。

朝から餃子臭い女が、「いま、会いにゆきます!」

つづく
  1. 2005/12/12(月) 02:03:00|
  2. 栃木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34

チキンラーメン(ひよこちゃん土鍋セット)

京都のコンビニで日清の「チキンラーメン&土鍋セット」を買ってきた。
ひよこのワンポイント入りの小さな1人用土鍋とチキンラーメン1袋。

オマケ付きのって魅力的に映ってしまい、ついつい購入してしまう。
今日のお昼はこれを使ってのチキンラーメン。
ネギがなかったので入れたのは水菜、そして卵。
一人ラーメンを食べていると、なんだか哀愁が漂ってきてまた良い感じ。
これぞ日本のワビサビかしら。ワビしく、貧しく!?

一人暮らしを経験したことのない私は、ボロアパートの1室でミカン箱を机とし、
背中を丸めながら、一人ラーメンをすするという光景に憧れていたのだけれど、
学生時代の女友達たちは、さすがにミカン箱を机にしてはいなかったな。。。

それにしてもチキンラーメンって10年以上ぶりかも。なつかすぃー味。
どちらかというと、チキンラーメンよりもベビースターラーメンの方が食べることが多かった。
(ラーメンとスナックを混同!?でも、味が似てる気がする)

「子供の頃、ベビースターラーメンにお湯かけて食べてた」という男友達がいて。
そういう食べ方もあったっけな~と思っていたんだけど、

「銭湯で、洗面器にベビースターラーメン入れて、お湯入れてた」そうで、
彼曰く、「オレが子供の頃、流行ってた」なんだけど。
そんな流行りがあったのかな?ただのいたずらなガキかしらん。
でも、味的にはマズーだったらしいけど。

さすがベビースターラーメン、愛されて200 億食!←カップラーメンねただったかな(迷)
  1. 2005/12/11(日) 00:24:00|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34

栃木(宇都宮):餃天堂(餃子)

11月4日の夜のオヤツ2
ホテルの部屋に益子で購入したものを置いて、また外に出る。
ホテルがあるJR宇都宮駅から
東武宇都宮駅までは徒歩で約20~30分ほどかかる。
街の中心部が東武宇都宮駅となれば行ってみるしかなかろう。
知らない街で夜に一人で繰り出すのって、ハリポタの主人公のようなワクワクした気持ちになるね。
ぶらりファンタジック夜間紀行。

ビルの裏手をふらふら~と歩いていくと、チェックしていた宇都宮屋台横丁に遭遇!
餃子、焼肉、ジンギスカン、台湾料理といろんな屋台が集まった新しい店構えの横丁。
ここだったらハシゴを次々してもこの地区だけですむよね。

中に入って通りをふらつくも、どのお店も週末でお客さんが一杯。
この中に混じって、「おっちゃん、酒!」って言う勇気はないわぁ・・・。
ほら、私ってスズメの心臓だから・・・・ね?(同意の「ね」)
その前にまだお腹が減ってないし!

横丁を通り過ぎ、しばらくすると大きなアーケード通りに出た。
これが、栃木中の若者(通称:まるヤ)が集う宇都宮オリオン通りね。

昼間にぎわっている商店街も全てのお店が締め切って、
人っ子一人いないアーケード通りはなんか不気味・・カオスの領域
すでに女神転生かバイオハザード
(どんな街だよ)

何かあったらジムのコンバットで鍛えたパンチ、キックで応戦!
と身構えながら歩いていた私だけど、怖くなったのであっさりと表通りに移動した。

そのままてくてくと歩いて、東部宇都宮駅&東部デパート前に到着。
かなり遅い時間なので、前の回転寿司も閉店の時間・・・いやだ、食べる気はナッシングよ。
ヴィトンのロゴマークも何処か、さみしげひさや。
ここからまた表通りを宇都宮駅まで逆戻り。
往復で1時間近くも歩いたら、額から汗もにじみ、体はポッカポカ・・。

さらにお腹の具合も。。。
いけないと思いつつ、沢山歩いたのでと、密かに思っていた体へのご褒美。

そうだ、餃子屋、行こう!(JR東海風)
宇都宮駅前にある餃天堂 (宇都宮駅前西口店)
カウンターに一人座り、頼むのは「巨峰サワー」
店内には1組のカップルだけ、それに背を向けて乙女酒をちびり飲み。
●焼餃子
とても小ぶりの餃子で今までみた中で一番小さい。形も丸っこくかわいい。
●水餃子
食べてみると緑色はヨモギの味!?
薄いスープのダシと相まって、なんだか不思議なやさしい味。

一人餃子を静かにじっく~り食べたかったのに、
後から親父の団体げ5人ほど入店し、私のそばのカウンターに横並び。
しかも何が珍しいのか、私をジロジロ横目で見るんすよ。。
女の一人餃子なんてこの町では珍しくないはずでしょ!?

それとも妙に「さ・し・す・せ・そ」が言いにくそうな言葉使いだったから
何処か別の土地の人かな?
栃木に来て、一緒にいる2人から「栃木弁」もあまり聞けてはいないのでよく分からないのだけど。食べた後はとっとホテルに戻った。

最近、旅行前にはたくさん食べることを予想して、ジムで体重を減らしておく。
エアロビ→サウナを毎日繰り返せは、1キロぐらいはすぐ減る。(大抵土日で元に戻る)

しかし、ホテルに戻って、さすがにヤバイです、と。
お腹にミュータント抱えているような膨満感。
なので、部屋で一人エアロビ決行!
全ては明日のために。

飽きないためにテレビをポチッとな。
やっていたのは「恋するハニカミ」の「森口博子が28歳美形俳優と仙台デート編」

森口博子が「ひろくんのことが 好きです!」と宣言したり、
こっぱずかしいながらにも初々しいデートを見ながら横目で黙々と運動。
この日の森口博子は爽やかな女性を演出できていたと思う。

翌日、目が覚めると、口の周りに爽やかならぬ脂肪を含んだできものが。。
えぇ・・「にきび」ではなく「ふきでもの」です。

体で栃木を表現できるとは・・我ながらアッパレ。
しかし、このまま1ヶ月この食生活だと、餃子に野菜は含まれているとはいえ
確実にスーパーサイズミー!

注:スーパーサイズミー

2日目オワリ
  1. 2005/12/10(土) 00:12:00|
  2. 栃木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34

栃木(宇都宮):Roberts Stylish Cafe(カフェ)

11月4日の夜のオヤツ
宇都宮の大食いの店で夜ご飯を食べた後、ミユキちゃんが連れていってくれたのは
Roberts Stylish Cafe(ロバーツ・スタイリッシュ・カフェ)というオサレなカフェ。
もう、名前からスタイリッシュだし!!オレ様は何者だか言ってみな!という意気込みを感じる。

倉庫を改築した大箱のような広い空間の1階はレトロモダンな落ち着いたインテリア、
階段を登るとクールな雰囲気のカフェスペース。さらに別場所の2Fはインテリアショップ。

うちにも50-60年代の黒ソファー応接セットがあるけど、
横のピアノの上には競馬の「ビワハイジ」等のヌイグルミが並び、
スタイリッシュならぬ、ダサイリッシュにまとめているわよ。

それにしても、クールで落ち着いたカフェに連れてきたミユキちゃん。
「このままでは栃木は大食いとラーメン&餃子の店ばかりだと思われてしまう!!」
と、危機感を抱いたのかもしれない。

紅茶のシフォン・キャラメルソース・・・だったかな?
暗い上にフラッシュをたいていないので、補正してもこんな感じ。。

デザートとドリンク、そして豊富な食事のメニュー、夜遅くまで営業しているので、使い勝手がよいかもしれない。
ここは食事もボリュームがあって美味しいらしい。カフェらしからぬ感じでよい。←あくまでボリューム

blogを始めるはるか前カフェブーム到来の頃に、東京に遊びに行った時、
友達と下北沢、代官山のカフェにランチを食べに行ったものだったけど、
いつのまにか自分の中でのカフェランチブームが終息。。。

イマイチの味の店にあたった事もあったし、何よりも量が少なめ。
特に量が少ない時のワンプレート・ランチは満足感が得られなかった。
しかも、ワンプレートを渡されると、私はお代わりに席を立ちたくなる習性を持つ(ウソ)。

ちなみにカフェと並行してラージマハールもよく行っていた。
ランチタイム1000円で食べ放題!!に惹かれて。
うーん、やっぱりワンプレートはバイキングじゃなきゃね。
(正しくはお代わりするのでツープレート)

そんなこんなで(急に話が戻る)、ミユキちゃんにホテルまで送ってもらって、また明日。
おやすみなさ~い!となるはずだった。。
が!!

つづく
  1. 2005/12/07(水) 22:24:00|
  2. 栃木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:36

栃木(宇都宮):東峰飯店(ラーメン・餃子、他)

11月4日の夜めし
宇都宮で夜ごはん。
以前からミユキちゃんが私が栃木に来たら連れて行きたいと言っていたお店に。ミユキちゃん曰く
「大食いの店」なのだそう。
どれほどの店なのか、北陸の喰いタン(喰い意地の張ったスカタン)としては気になるところ。
ビルの裏手にある東峰飯店は、看板がない!?一瞬公民館のような店がまえ!?

創業は昭和44年。店内は広く、お座敷形式。机と机とのスペースがやたら広い!
ラーメン、餃子と基本メニューから、湯麺(タンメン)、広東麺(ウマニソバ)、ニラレバ炒め、鶏の唐揚げ、焼き飯などがある。
ミユキちゃんは子供の頃から通っているそうだ。
お勧めの東峰味噌ラーメンをチョイス。
●東峰味噌ラーメン
は・・・迫力ー!!!画像はちょっと茶色いがスープの色が真っ黒!!
もやしと野菜がてんこ盛り状態、スープもぎりぎり。。器も結構大きいよ。
見るからに濃そう!!!
赤味噌と八丁味噌をブレンドしたスープは、見た目よりも後味はやや軽い。
なんか個性的でクセになる味かも。
●軟焼きそば(ミユキちゃんチョイス)
「・・・・・・・・・!」絶句。
お皿に2人前強焼きソバがてんこ盛りでこぼれそう・・・。
もう一度言うが器は決して小さくはない。。
写真よりも実際に見たほうが絶対にビックリするわー!

焼きソバを少しいただくと、柔らかくて薄めのやさしい味。

ミユキちゃんも全部食べる気は毛頭あらず。
ふと周りを見るとタッパで持ち帰る人多数!!それが常識なのか~。
「何々さま~」と帰宅時に次々呼ばれるタッパラー。
もやしを処理していかないと麺に到達しない。。
ほじくりほじくりの結果、そぼろ状の肉が出てくる。
多い!と思われたけど、野菜が多いしスープはあまり飲まないので、意外と楽にクリアー!

最初、焼き飯にしようかと思ったけど、焼き飯も焼きそばと同じく
2人前てんこ盛りだそうで・・やめておいてよかった。
さすがに米2人前はつらいっす。

軟焼きそばに付属のスープ。
よくある焼き飯についているスープの器よりも2まわりほど大きい。
玉子たっぷり目にとろみが付いて、これだけ食べててもお腹が膨れそうー。
って・・・何で人のスープを全部貰ってるんだよ!
●ギョーザ
これもデカーーイ!!
一つひとつ皮から手作りしているそうで、噛みごたえがある。
ミユキちゃんは1、2個食べて、後は私にお任せ。

「スープも飲む?」、「うん、飲む!」そのやりとりの後に。。
「うちのお父さんみたい」・・と。
親父化認定いただきました!!!

この旅行の間にテンボちゃんに言われたこと。
「アキコさんって、ガツガツと食べないんですね」
そう、私はガツガツッ・・って、男かよ! ごく普通ーーに食べてる。口も小さいし。

でも、いつの間にか食べ物がなくなっているのは・・な~ぜ~
↑「謎を解け!まさかのミステリー」風に低く。

それは「そうなんだよね~」と人の話を聞きながらも、その間に手が動いているからかも。
そして最後の1個がお皿に残っているとひじょーに気になる。
でも、いつも食欲のまま欲望のままには動いてません。
「どーぞどーぞ、食べちゃって」気をつかう子ちゃんでもある私。

でも、知り合いと食べに行くと、最後の1個をあげるっとお皿にのせられるのは・・な~ぜ~
心を見透かされているのかしらん!?

つづく
  1. 2005/12/02(金) 15:41:00|
  2. 栃木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:50

栃木(益子):「陶知庵」とそのカフェ。

11月4日のオヤツ
益子焼窯元共販センターと洋麺食堂のちょうど中間あたりでふと道を曲がり、
「陶知庵(あおい器)」という陶器のお店を見つけた。
作家は井上 敏一さん。

(↑上の説明風から私の脳内風)
「シフォンケーキ」の看板につられて道を曲がり、カフェらしき店を見つけたものの
看板が裏返しで実はシフォンケーキはなく、でもここでお茶をするか・・・おや、陶器のお店が。

一歩店内に入ると、ブルーブルーとあおい器で埋め尽くされている。
トルコブルーと書かれているのは、鮮やかで明るいブルー。
益子焼きといえば土色からくるグレーっぽいイメージだが、ここはかなり個性的。
隣接するカフェ。
テーブルに飾られている小さな植木鉢、伝票入れなど全て益子焼きで心が和む。
●横濱ガトーショコラのセット
どの辺が横濱なんだ?と思ったがもしかしてこれ?
微妙に違うような・・。中はくるみいり。
こちらはミユキちゃんセット
あおい器をセットにして使うととても素敵!!
木漏れ日の中、顔の筋肉が弛緩するほどまったりゆったり。

このカフェの横には「あおい器」のB級品のコーナーもあったり(陶器市だから)
夫婦喧嘩に使ってください!じゃないのよ~。もったいなくてヘッドバッドした方がマシ。
B級品でも綺麗な色が一杯だから。

普段使いの器を見るのが楽しくて、益子ファンになってしまった。
●私が購入した器たち
1:あおい器のB級品倉庫から器。
 食器よりもテーブルの上に置く花器にしようと思ったので。
 横に置かれているのは亀太郎(仮名)。摘んできた花をプスプスさせば、剣山代わり。
 しかし、綺麗な色なので、もったいないオバケが・・食器にしろよ!と囁く。

2:花柄の焼酎カップ
  焼酎カップ作ったのにまた買ってるのかぁー!って、とても乙女パックな柄なので。
  ほら、自称オトメだから。このシリーズはいろいろ形があるので、そろえても可愛い。
  作家さんは忘れた。これは今夜から酒盛りね!!

3:益子焼窯元共販センターで先に買ってしまった30センチ以上の大皿2枚。
  パスタやカレーを入れるのに汁がこぼれないように深めのものを。

4:これも益子焼窯元共販センターで購入のインディゴブルーの小鉢2個。
 厚めでどっしりして私向き。酢味噌なんか入ってそうだけど、からし酢味噌は苦手。。

2枚買っているのはいつかのため!(大未定)
加山雄三夢気分~。
確か20代後半にもいつかのためって食器とか買って、今使っているような。。。

帰りぎわ、駐車場にあるジェラード屋台を素通りできるはずもなく。
●いちごミルフィーユ
この苺は栃木産だそう。さっぱりとして美味しい。
宇都宮に戻ってきた2人は、
北関東一大きいショッピングセンター、ベルモールへ。

店内を2人でブラブラ。ホブソンズ食べるの我慢したりとか・・。
HMV、フランフランなどを見てまわったりして暇をつぶした。

でも、広いわ~
何かある事に
「さすが、北関東一!!」

と、「さすが、キングカズ!」のように笑いを含んだセリフを連呼していたのは言うまでもない。

つづく

  1. 2005/12/01(木) 18:20:00|
  2. 栃木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。