なんとなくスカタン

スカタンな女の日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジム通いで生まれ変わる肉体予定図

←燃え盛る炎の中に浮かび上がるトレパン。
腹肉を強烈に溶かすハトビーム
(by:ハトのおよめさん)

これらの意図するものは?

「6月からスポーツジムに通う」

平日は殆ど飲みにも行かない生活、お昼もお弁当のウサ晴らしを旅行のドカ喰いでおぎなっているわけだが、カロリー過多が続いてスリムジョイが続くわけはない。

気になる腹肉、もも肉、バラ肉。
二の腕のたるみが眩しい季節が来る前になんとかしなくては!!

本当は年明けから行く予定だったが、細胞が冬眠していて動かない状態にあった。
すでにジムを見学し、手続きもすませ、ウェア(写真はその一部)も買った。
後は6月から通うのみ。
ジム、エアロビ、プールどれでもクライングフリーマン。←合ってるのフリーだけ

しかし、いきなり急激な運動をするとブッ倒れかねないので、最初は軽めで。
エアロビの他に太極拳やフラダンス、ヒップホップなどもある。

土曜にジムに行った時は昼ごはんはどこにしようかなーと気になっていると、
結局はそこに行くんだなと知り合いに言われた。
いや、ちゃんと気合は入っているが、ご飯も大事。

一定期間、運動することが若さのヒケツにもなるという。
精神的にも肉体的にもいつまでも若くが理想として頑張ろう。

さて、スポーツ新聞に宍戸 錠のコラム記事が掲載されていた。
あの頬っぺたを日本昔話のように取った宍戸 錠、アナゴとは呼ばないシシド。

宍戸 錠はすでに70歳を越えているが、精神的には若い頃と変わらないという。
「普通の男性は70歳も越えると落ち着いてくるもんだが俺は違う!!」
スポーツも、料理も、油絵も、ついでに犬の散歩もこなし、
杉本彩とムフフなシーンを撮りたいと抜かすエースのジョー。

そして行動も若い時となんら変わらないので家族に嫌がられていると!

ここがイイ!ツボだ。!

よし!私もしわくちゃになってもビーチをビキニで駆け出すような、
皆に嫌がられるようなババアを目指す!

分かりにくいであろうが、これはジムで頑張るという決意の宣言。

次の記事からはジム行き決定打クリティカルヒットとなった富山の旅。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/31(火) 00:22:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:65

金沢:献血、一喜(チャーシュー麺)、ちくは寿司(新堅町商店街)

(土曜の出来事)
うちの会社は健康診断の時に献血車が来るが、今年は来ず。あ~血中コレステロール値が知りたかったのに。毎日の豆乳の成果を。
生化学検査、血球計数検査を調べてもらえるし、人様の役にも立てる。
・・というわけで金沢の中心街まで自転車でチャリランと、ラブロの献血ルームに行ってきた。
中は結構人で一杯。
献血車以外での献血は初めて。

友達が一時、池袋や新宿の献血ルームで、ハンバーガー・アイス食べ放題、漫画読み放題に
アリ地獄状態ではまっていたが、ここはジュース・お菓子食べ放題、漫画読み放題。

献血車では全血200mLで行っていたが、今回は初めての成分献血400mL。
血小板や血漿を採取したあと、赤血球は再び体内に戻すので、 身体の負担が軽い。

私が10時に朝食、昼はまだ食べてないと伝えると、何かお菓子と飲み物を摂取するように言われる。さっそくやや小ぶりな薄焼きセンベイを10枚くらい食べたが・・ちょっと食べすぎ?

後、検査の前に「72時間以内に抜歯・歯石除去したか」「病気療養中でお薬を服用しているか」「不特定多数の相手と性的接触があったか」などが事項が記載された用紙にチェックする。
ここに来る人は献血できない人についてだいたい理解していると思うので、
用紙に「アタシもね、いろいろあったのよ・・・」と美川憲一のように書き出す人はいまい。

少林サッカーのDVDを選んで献血台に。
何なんだよ!この唐突な展開は!!
とツッコミ入れながら見ていたが、サッカーチームまで話が進む前に献血終わった。
続きが気になるじゃないか!!

おっ!確かに全血の時に比べて体が楽だ。
そしてお土産もしっかりいただいた。
お米や洗剤もあったけど、「GUM歯磨きセット」を選択。お口クチュクチュ歯周病予防。

献血が終わると途端にお腹が空いていることに気づく。
心の奥底から湧きだしラーメン渇望説!ラーメンを激しく所望!!
「ラーメン食べたいィィイイイ」と矢野顕子る。
チャーシューメンの店「一喜」
昔からある店で飲んだ後に寄る人が多い。私は初めてで、ガラッとあけるとまだ誰もいない。
メニューはチャーシューメンのみ。
お酒、ジュース、チューハイ・・単純明快なところが漢らしい。

チャーシューが沈んで目立たないが、脂身が少ない自家製チャーシュー、
醤油ベースのややあっさり程度が飲んだ後にいいのかもしれない。まぁまぁいけた650円。

さらにあるものを食べたい衝動に駆られてチャリを走らせた。
aeiou77さんの記事でも紹介されていた新堅町商店街の中にある「ちくは寿司」
テイクアウト専門のお寿司屋さん。(巻き寿司専門)。
注文してから巻いてくれるのだ。

鉄火巻き、いなり、かっぱ巻きなど普通のメニューもあるが、
高校生からのリクエストメニューが定番化され壁いっぱいにメニューが張ってある。

「●●高校ラグビー部:マヨ玉170円」、「げそ巻き大葉入り:150円」
「ふれーく巻き」「カニ納豆」と見ているだけでも楽しい。
「どきどき巻き:250円」とは何ぞや??

私が買ったのは、「タコマヨ巻き:100円」(半分ほど食べてから写真を撮った)。
中身は茹でたタコとマヨネーズ。さっそく店の前でパクつく。
作りたてなので、寿司飯があったかいのと海苔のパリパリ感が味わえた。

まわりには若者たちが1本そのままファーストフードよろしく歩きながら食べたり、
目の前の公園らしき場所で座って食べたりしている。
この雰囲気がほのぼのしていてとってもグー!

その後はデパートやお店を散策していたが、地元のデパ地下にセゾンファクトリーが少々ではあるが売っているのを発見!しかもマンゴーあるし・・・・大阪で買ってきたのに_| ̄|〇
いや、マンゴーがいつでも手に入るということじゃないか。
ヨーグルトのラズベリーソースと、ラ・フランスのジャムを購入。

沢山歩き回ったり、チャリをこいでいたりしたら・・なんだか疲れてきたようでスタバで休憩。

注意:献血後の激しいスポーツは避けてください
続きを読む
  1. 2005/05/29(日) 12:17:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:64

大阪のお土産・なかたに亭 マカロン&ナッツチョコ(上本町)

大阪でいただいたお土産
オイシイ・ヲ・オスソワケのkcoさんからいただいたなかたに亭のマカロンとナッツチョコ。

家に帰ってウホウホ出したら、ぎゃぁーー!!つぶれてる!!!

・・・まさか私のケツ圧で!?
kcoたんすみません!!!幸いつぶれたのは1個だけで後は無事。
チョコがお勧めの店とあって、ショコラが濃い味でおいしい。
特に気に入ったのが、フワンボワーズ、レモン。←チョコじゃないんかい。
酸味のあるさっぱりした味はマカロンの中でも好きな味。

そしてこの豪快なナッツチョコ。そのまま持ってガブリ!といかせていだたきました。
これは、たぶんカカオ70%以上はあるのでは?というダーク系チョコ。
おお!鼻血ブーするくらいのビターなチョコいいね!

カカオには、リグニンというコレステロール値を下げ便通もよくしてくれる成分が多く含まれているので、カカオ含有率が高いほどその効果が得られる。
これはカカオダイエッター!!と思いながらバリバリ。しかもナッツが香ばしい!
(ナッツのカロリーのことは頭にはなかった)
自分のために買ったお土産

●大阪に行ったら必ずという551の肉まん(写真は車内朝ごはん)
ケーニヒスクローネのパイ・クッキー・ケーキバーセット。
金沢にはこのお店がないので、会社用に分けやすい袋物がつまった箱。
あとはこのピンクの缶が欲しかったので自分用。
もちろん今は跡形もなく。

アップルちゃんご推薦のセゾン・ファクトリー
ジャム、フルーツソーツ、生ジャム販売量り売りなどものすごい行列だったこの店。
ロイヤルミルクティーとさくらんぼのジャム、マンゴーのヨーグルト用ソースを購入。
イチゴソースは地元のスーパーで。

ヨーグルトソースをは朝、ヨーグルトにかけて食べてます。
写真はイチゴソース、そこまで甘くなくておいしい。
今朝、マンゴーも食べましたが、トロッとしていてマンゴーのコクがあってウマーーい!
●栗まん

地元のスーパーに売っていたのを買ったのだが、これの製造元が東大阪!
人形焼き系のスポンジの中身は栗あん。
モンブラーにはたまらない和菓子。これは好きかも。

特にセゾンファクトリーは気に入った。
コンフィチュールのりんご・マンゴー・パイナップルがかなり気になる。
大丸東京にもあるようだし、次の土産ミッションは決まった!
ラジャー!ブラジャー!
続きを読む
  1. 2005/05/27(金) 21:30:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:46

ひよこ豆のスパイシーペーストとその他大勢

最近の料理をまとめて載せます。
土曜の昼めし
●ひよこ豆のスパイシーペースト
●トルティーヤ(冷凍)
●朝の残りのサラダ
前にタコスを作った時に余ったトルティーヤがあったな・・うぉ!
1月のことだった、早く使わねば!
ということで、ジェイミー・オリバーのレシピを参考に自分の好みで作ったペースト。
アラブ系のペースト状のオードブル、ヒュモスの簡単版。
ひよこ豆の水煮(缶)をビシビシバシバシ潰す。ニンニクの潰したものを入れて混ぜる。
クミンシード(なかったらカレー粉)、唐辛子を刻んで入れる。食卓レモンをガーッ、塩、こしょう、オリーブオイルで好みの味に。オワリ。

トルティーヤにつけて食べたのだが、これがなかなかよろしい。カレーっぽくピリッとした味付けに酸味が効いてさっぱり食べられる。
クミンと酸味がトルコに旅した時の味になんとなく似ている。
4月に作った料理
●ズッキーニとベーコンの焼きびだし:ダシ、みりん、醤油の和食味。
●明太子入りはんぺんマヨ焼き:はんぺんの中に明太子を入れて、まわりにマヨネーズを塗って焼く。下にもやし炒め。オワリ。
土曜の夜めし
●豆腐のおかかまぶし:豆腐に片栗粉をまぶして焼いて、ニンニク醤油とオカカをパラパラ。
しかし、何故かトロッとしてない・・と思ったら、間違えて小麦粉をまぶしていた。
あー・・・そりゃ、トロっとせんな。
今朝、化粧の時に美容液の後にまた化粧水を塗ってしまった感覚に似てる。

●ズッキーニと合挽き肉の焼きびだし:肉をズッキーニを炒めて、ダシ、みりん、醤油でちょっと煮て、塩・こしょうで味付け。
ズッキーニが、やたら苦い!! ゴーヤかと思った。。
しかも親がこんなのキュウリでいいじゃない!と。

●カリカリ豚の豆腐サラダ
東スポの「男の手抜き料理」から。
塩・こしょうした豚バラをカリカリになるまで炒める。
醤油、酢、ごま油、白ごまをボウルに入れてタレを作る(私は酢をやや多めに油を少なめに)。
豆腐とお皿に盛って、切った水菜をのせ、炒めた豚肉をのせる。
上からタレをかける。オワリ。
サッパリしてて香ばしいので、これからの季節にピッタリかも。

このように休日には料理を作ることが多いが、まだまだやるべき事は沢山ある。
●米を炊いていない
●揚げ物をしていない
●魚料理を殆どしていない←金曜に材料を買っているので。
   刺身おつとめ品は魚料理に入っていないと一応自覚している。

何故かいつもいつの間にか米が炊けている。自分はいつもオカズだけ。
もしかして、小人が炊飯器を使って作ってくれてるのかしら。。

こうやって、休日にヒッキーになりながら料理していると、電話がよくかかってくる。
通信販売のダイエット商品などが多いが、大抵興味がないと言って断る。
平日にもよくかかってくるが、親が私が今仕事だと言えば大概切れる。

この間は、平日に化粧品の販売の電話がかかってきた。
親が「娘は今、仕事に出かけています」と伝えると、

「では、お母さんはいかがですか?」と矛先を向けてきた。

しかし、親が年齢を告げると・・・「あぁ、そうなんですか」と電話を切ったそうだ。

帰宅してから話を聞いたが、結構腹を立てていた。
・・・・話を聞いても買わないだろうに

だが、年をとってもエスティーローダーを使っている母としては、複雑な女心であったようだ。

  1. 2005/05/25(水) 23:42:00|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:44

ブログ1周年記念・永遠のスカタンロード

「なんとなくスカタン」もおかげさまで無事に1周年を迎えました。(実は昨日)
上の画像は自分がblogを始める前に作った料理。(4月末)
●スキヤキ風煮こみ
●タケノコご飯
●味噌汁(インスタント)、納豆、イカの塩辛

私は1年前、殆ど料理ができなかったし、しなかった。
袋ラーメンや、簡単なパスタぐらい。しかも作る頻度がすごく低い。
今まで付き合ってきた彼氏にもそれは同じで、まったく作らなかった人もいれば、
パスタをフライパンごと出したり、肉じゃが鍋ごと出したり。(しかもその人に作ったの1度だけ)
仕事が忙しい残業があるなどと言いつつ、結局は作る気力がなかったのだ。

去年の4月末に母親が入院した。
親はC型肝炎を患っているので、何年かに1度入院することはあったが、
その時はそれとは違った症状で入院したのだった。
もしかして一人になるのでは?という不安。(父は22の時に他界)
いずれそうなる時が来るとして、せめて料理ぐらいは修行しておこう。
私のスカタン料理はこの時から始まった。

(上の画像)
親が急に入院してしまったので、冷蔵庫に牛肉が余っていたので、
入院している親に分量を聞きに行って、すきやき風煮こみを作った。
フライパン一杯に作ったので昼も夜もスキヤキ風煮こみ。

竹の子ご飯は、親が竹の子を煮て冷蔵庫に保管。
これを炊飯器に入れて炊けば出来上がる。
だが、中に入っていたダシのワカメまで一緒に入れて炊いたので、
ワカメが溶けてえらい事になった。

それから約1ヶ月、適当に毎日ご飯を作って食べていたが、blogという存在に気づき、
ネットに載せることで自分の励みにしようと、blogを始めた。

1年前と比べると、前は料理を作ろうにも何をどうすればいいのかも分からなかったが、
今はまだ自分の出来る範囲だが、あれこれ考えたり体が動くようになった。
作っているのは週末だけだが、やり方が分かってくると料理も楽しくなる。
失敗することも次への階段。

最近は食べ歩きの記事が多いが、週末は一応作っている。↓最近の
●ひよこ豆と鶏肉のトマト煮込み
●空豆とキノコと豆腐のガラスープ炒め
●冷やし豚しゃぶうどん・温泉玉子のせ・・・とアボガド切っただけ。
●アボガド、ソーセージ、クリームチーズのベーグルサンド・・・はさんだだけ。

●納豆入りトン平焼き
玉子の中に納豆を入れて半熟になったトコロに焼いた豚肉を入れた。
しかし、包みに失敗してマヨネーズとたこ焼きソースでごまかし。
余った豚肉はポン酢につけて食べた。
なんか1周年なのにロクな料理じゃないな!
まだ、画像はあるのだ。
次回・・次回に期待せよ。。。

もちろん料理だけでなく、blogを始めてからいろんな人との交流が楽しみになった。
コメントだけではなくリアルで会う機会もあり、良い人たちに恵まれ楽しいblog生活を送ってます。

こんなスカタンですが、これからも夜露死苦!・・・お願いします。
 

  1. 2005/05/23(月) 23:35:00|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:80

大阪:鳥の巣・串カツ(梅田/ホワイティうめだ)

4月17日(日)の夜めし
この日の夜に金沢に帰らなければいけない。
大阪は東京と比べると距離的に近いので、最終の汽車に乗っても午前様にはならない。
大阪で夜めしが食べられるわ。
・・・って、いつまで遊ぶんじゃ!
時間ギリギリまで遊ぼうとする自分。

ロッカーに荷物を預けてあるので、キャーホーとショッピングとお土産を買いにでかけた。

ハービスENTやヒルトンプラザウエストなどで物欲中枢神経を刺激してから、
ハービスPLAZAのマコーズベーグルでベーグル・セットを背中にかづぎ、
阪神百貨店の人の渦に巻き込まれながら、地下でお土産を買いまくる。

あ~ら行商人のおばちゃんは疲れるわー!と阪神デパ地下ジュースバーで一休み。
●マンゴージュース
乾いた喉にマンゴーが気持ちいいー♪と夢中になっていたらゴミ箱の前に仁王立ちになっていて、アップルちゃんに保護者のごとくあらあぶないわよ、と守ってもらい、
しかもテーブルの上にジュースこぼす(写真)。
満腹で食べられないわーと言ってたのに、しっかり夜めしの時間には復活。
最後のご飯は、梅田地下街・ホワイティうめだノースモールにある鳥の巣で串かつ!!

戸が開け放たれ、のれんをくぐればすぐカウンターが広がる気軽なお店。
親父・親父・親父120%!そんな私もあなたも。♪君は1000%
このお店からほど近くのラーメン屋に、キアヌ・リーブスが立ち寄ったらしい。
「キアヌ先生ーー!!」←しつこいわー!!
私はレモンチューハイを所望。ジョッキで出てくるとはやるな。
●小海老のカラアゲ
海老とキャベツをバリバリ食べながら、揚げたての串かつを待つ。
さらっとしたソースはもちろん2度づけ禁止!

隣に座ったおっさんにいちゃん3人組が「口つける前の串は何回つけてもいいんだよね?」
と話していたが、思いっきりオバチャンに無視される。
そして私にも話しかけてきたが、頭は串かつの事で一杯だったので、
顔は笑って、心は無関心。
「大人しく串かつ食べさせてー!」

大仏頭のパンチパーマなおばちゃんがテキパキと。
あれが典型的な大阪のおばちゃんだとアップルちゃんの説明。
客が次々言う注文にすぐさま対応、毎日これだと頭もハッキリスッキリ、ボケる暇ないよね。
レンコン、豚かつ、お魚(忘れた)、うずら玉子、あなご、牛かつ、ソーセージ、ホタテ、
若鶏(手羽先のチューリップ)、あと2つ忘れた。

とにかく人が多い回転が早いので既に揚げて準備してあるものもある。
素朴な揚げ方な串をソースにつけて、どんどんお皿に串がたまる。

場所柄、会社がえりのお父さん、出張の人、ただの人などいろんな人でごったがえす。
私もいつか一人でふらっと入りたい。そんな雑踏の中のロマン。

すっかり3日間でチャリこぎシスターズとして
リングデビューできるまでに成長したのにもうお別れ。
技なら自転車を使ってスタンプ!スタンプ!と居酒屋ボンバーかなと考えていたのに。

※チャリスタンプ:ウィリー状態の自転車の後輪で相手を踏みつける
 居酒屋ボンバー:居酒屋でおっさんばかりにナンパされるときれるボンバー。
(by:エアマスター

浪速の黒豹またはライオンキング、ペコちゃんまたはケロヨンの食い倒れもここまで。
お互いどんなあだ名をつけても怒りません。←私だけか!?

また来阪の時は旨い店教えてね♪お世話になりました。

(アップルちゃんの記事)
  1. 2005/05/22(日) 12:32:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:52

大阪:伊古奈 ・お好み焼き(東大阪)

4月17日(日)の昼めし

大阪滞在も3日目だが、まだ肝心なものを食べていない。
それは「お好み焼き」。それを今から食べに行く。

クレープは予定外だった。
11時半頃に食べたし、結構量があったので、
友人の言葉を借りるなら、「カッとなってやった。今は後悔している」になるかと思ったが、
クリームで胃に膜をつくったくらいで、お好み焼き&焼きそばはノープログレムのようだ。

場所は東大阪にある「伊古奈」
アップルちゃんの過去記事55aiaiさんとこでも紹介されているので、
すでに知っている人もいるかもしれない。
1975年に創業の「伊古奈」は、南伊豆の「伊古奈旅館」の思い出が名づけの発端。
「伊古奈に行こな!」という願いも込められているそう。

黒い木の階段を上がると、木の造りのお座敷がずらっと並ぶレトロな空間。
歴史がある落ち着いた雰囲気がとてもいい。
洋画家の須田剋太、民芸陶芸家の島岡達三の美術館&喫茶店も併設されている。

メニューは、お好み焼き(伊古奈焼き、小エビ盛り玉、ブタ玉)、焼きそば(伊古奈そば、牛すじそば、ブタそば)、オイル焼き、豚キムチなど。

すると私の目に止まったのは
←鶏のココロ(心臓)の味噌煮

何故、鶏メニューがないのに心臓だけ?
ココロの味噌煮なんて珍しい。
謎は食べてみるに限る。
ホルモン苦手なアップルちゃんは玉葱だけを食べてハローグッバイ。

八丁味噌くらいに濃い色をした煮込みだが、それが美味しいのだ。
茹でたココロはレバーよりも臭みはなく・・というか味噌がしみてコリコリ。
全て私がかかえて食べたが、何故ココロかという、そのココロはわからずじまい。
注文したのは、「牛すじ焼きそば」と「伊古奈焼き」
お刺身でも食べられるホタテが乗っている。
そういえば、この時は「ホタテを舐めるなよ!」はでなかったな。

焼きは全て、アップル女史にお任せ。
ヘラを2つ使って二刀流。さすがに手さばきが馴れている。
長七郎江戸日記のようにバッタバッタと生地を成敗。

私は「ママー早くー」の状態。←なにもせん

●牛すじ焼きそば
キャベツがザクザク、麺は太め。
ソースはノーマルを選択。
牛すじのぷるぷるなゼリーが溶け出し、麺に絡まって味が深まる。
コクがある味で旨いです!

焼いているアップルちゃんの写真を撮ったのだが、あまりのマッハな手さばきにやはり写真はブレていた。
●伊古奈焼き
新鮮な海老にホタテ、豚肉。
1月に行った鶴橋の風月と同じくキャベツが多めのふんわりとしたお好み焼き。
生地にダシが入っているのか旨味があって美味しい。
小皿にマヨネーズを出して、つけながら食べた。
やはりたこ焼きにしてもお好み焼きにしても、生地にダシ入りでまったく味が違うわ。


あまりの満腹度、連日の疲れに眠気が高まったのか、
家に帰ってからアップルちゃんはベットにつっぷして熟睡。
「3時・・・3時まで・・・・」ガクッ。ツーツーツー(意味なし)

私はその間、旅番組に出演するさとう珠緒を見てお笑いを感じていた。
"(((( ´,,_ゝ`)))) ププッ [TV]
あれの真似をして後ろからドツかれるのが快感だ。

(アップルちゃんの記事)
  1. 2005/05/21(土) 00:51:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:52

大阪:クレープ(東大阪・布施)

4月17日(日)大阪・午前中

大阪3日目、前の日の笑いの余波も冷めらやず外出。
アップルちゃん家をちょうど引越し作業を行っている人たちが!
脇を奈良グランマのマネで「引越し!引越し!」と囁き声で通り過ぎた。

さて、チャリ車で昼ごはんのために一路、東大阪の方向へ。
大阪といえば、中心以外では宝塚方面、千里方面しか行ったことがないので、
東大阪に向かっていくのは初めて。途中、布施あたりで車を止める。
東大阪・布施のサティ1階・・・の外に面したクレープ屋さん。
ここが美味しいらしい。またまた昼ごはん前の前菜。
朝ご飯を食べてないのだから、なんらオカシイ事ではない。←と言い張る。

そういえば学生の時、帰りにクレープハウス・ユニで買い食いをよくしていた。
ポイントを貯めてもらったお皿を使っているが、いまだに割れない。
高いお皿ほど割れ、ただでもらったお皿ほど割れないというのはどうしてだろう。

アップルちゃんが注文したのは、「ミルクバター生クリームクレープ」
280円。
私はモンブラーとしての使命か、栗の誘惑に惑わされ、
←「マロン」400円

円錐の形にされた生地の中には、たっぷりの生クリームにマロンクリーム&栗。
いったい、どれだけ入っていやがるんでぇ!

・・・と江戸言葉になってしまうほど沢山のクリーム。
生地も厚めでウマウマ。

すると食べているところをフライデーアップルちゃんに激写される私。
うっ・・・クリームがバカボンの親父のように髭になってなければよいが!
と思ったら、やはり口の周りにクリームが。ミルキーはママの味。

しかし、久し振りに食べて美味しかったクレープ。
やばい、たこ焼きに続いて、クレープもクセになりそうで怖い。

(すでにこの記事で、たこ焼きとクレープを連続で食べている)
どっちも粉もん→太る。y=-( ゚д゚)・∵

(アップルちゃんの記事)

●今日の出来事

そういえば先週の風邪、殆どよくはなったがまだ咳が出る。

「もしかして不治の病かもしれない」

私が、会社でそう言うと、男の人が

ふ~じは、に~っぽん、いちの、やま~~~い!」と歌った。
  ↑                    ↑
  (不治)                (病)

いや、単に受けたんで。
  1. 2005/05/19(木) 21:28:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:45

大阪:饂飩倉・うどん(門真市)

4月16日(土)大阪:夜めし2軒目

私、アップルちゃんkcoさんカッカさんの4人はアップル号で一路、大阪門真市へ。
とは言っても、土地勘のない自分は何処を走っているかわからない。

うどん屋さん「饂飩倉」門真市上野口町59-20(072-881-3240)
↑リンク先:毎日放送の「魔法のレストラン」で紹介されたこの店。
 赤井英和さんおすすめのお店だそうな。うぬぅー。

「だるま」に続いて赤井英和がらみ。
これは今年の「百万石行列」の前田利家(今年は赤井秀和)を見に行かねばなるまい!
お店に入って運よく4人座れたが、いつもは並ぶ店らしくすぐに椅子の後ろに待ち人並ぶ。
カウンター越しに職人さんのうどんを作る姿が目の前で見ることが出来る活気のある店内。

ここの店の知識がまったくなかったのだが、普通のメニューは置いといて、
アルプスの少女:2800円というのはどれほどのモノが出るのか?
その前にこのネーミングは? おしえてアルムの樅の木よ♪

●きつねとじうどん:750円
で、でかいよ!!
洗面器ですくわ??
コップの大きさと比べてみよう。
(みんなの科学風に)

キツネの揚げはkcoさんいわく、「一反木綿」のようになが~~~い三角。
沢山の玉子にやや甘いお揚げ。
手打ちうどんもさることながら、ダシが非常に美味しい。

あっさり関西風の出汁でどんどん飲めてしまう・・・
非常に満足、にっこり、あっかっるい笑顔で♪

帰りの車内でも皆しゃべり通し。kcoさんが餃子のうまい店がなんちゃらと言ったり。
カッカさんが「アキコさん、この後ラーメン?」と言われたので、
リップサービスのつもりで、「シメにチャーハン」と言ったのに、
先に書かれた皆の記事読んだら本気にされてるし!

冗談ですから!うっかり言えんのぉ。

お2人を自宅近くまで送り届けてまたアップル家への方向へ。
大変たのしゅうございました。
さて、今度はアップル家で。
私がお土産に持っていった金澤鳥鶏庵のプリンを2人で食べ、
さらに私はセブンイレブンの限定ドリンコでお口をさっぱり。

そしてアップルちゃんが、ベイリーズ・リキュールを私にくれた。
ベイリーズはアイリッシュウィスキー(アイルランド製)にクリーム、スピリッツ、チョコレート、コーヒー、バニラなどを加えた、カカオやバニラの味が特徴な程よい甘さのリキュール。

これをバニラアイスにかけると美味しいというので、私はクッキー&クリームのアイスを頂き、上からちょろろっと。カルアミルクより甘くなく大人なアイスになったね、ウフーン。

そして夜中のネット三昧でふと・・・「これ」を見てしまったがために私たちは笑いの渦に巻き込まれ眠れなくなったのだ。私の泣き声、悲鳴?

これ:奈良のグランマ

(アップルちゃんの記事)
(kcoさんの記事)
  1. 2005/05/18(水) 12:28:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:54

大阪:男爵(梅田・阪急東通)

4月16日(土)大阪:夜めし

本日のご宴会、5時半から男爵にて承っております。
メンバー:私、アップルちゃんのチャリこぎシスターズ、
「オイシイ・ヲ・オスソワケ」のkcoさん「カッカんとこ」のカッカさんのご夫婦。

このお店は川上養豚場で育てられた豚(犬鳴ポーク)を使用している。
独特の甘味と、柔らかな舌触りが特徴の豚肉でTVにも紹介されたそう。
米は岩手県産の「ひとめぼれ」、鶏は但馬産健康味どりとこだわりもある。

さて、私とkcoさんアップルちゃんはお互いに面識はあるが、カッカさんは初対面。
KCOさんは前に会ったとおり柔らかい雰囲気の明るいお方。

アップルちゃんが突然「アキコで~す!!」というから・・例のアレか!と思い、
私も「アップルで~す」とご挨拶。
忍法身代わりの術。ニンニン。

カッカさんは不思議がらずに普通に信じたみたいだった。。。
食激情ブロガーのオーラは似ているのか?
●霜降り豚肉豆腐:一気に減ったので、焦って肉を取ったような。。
●あぶりタイ松皮造り:はしゃぎまくっていた場面だったのでブレた。
●豚の角煮:トロトロでめちゃウマ~~。

一通りご挨拶もすみ、注文になると戦いの火蓋は切って落とされた。

アップルちゃんが、ワサビの嫌いな私へ「チャーシューワサビ頼もうー!」と言えば、
KCOさんはラムネ・チューハイのラムネをガターーン!!とこぼし、
私はチューハイ↑の中のチェリーをお箸で取ろうとして、氷をゴロゴロ~!!と机にころがす。
君たち楽しそうだね!

そしていざ料理が運ばれると3人が3方向からビシビシ!バシバシ!とカメラの嵐。
食べ物ブロガーの職業病。

寡黙なカッカさん、とても賑やか?だと生暖かい目で見守っていたのかしら・・?
●海老とアボガドの湯葉春巻き
●チャーシューわさび:ワサビ嫌いのため手が震えてぶれた。
●豆乳グラタン:チーズと豆乳が相まっておいしい!!!
●帆立とサーモンの北海サラダ:サーモンばどこに・・?かくれんぼ。

私たちのリクエストで、カッカさんがモロッコ時代の写真を持ってきてくれた。
人々の暮らしや風景、町並みが写された写真はまるでアート。
モロッコ人に間違えられるほどの濃い系のカッカさん、写真ありがとうございます。
私もトルコでの写真を見せたりした。
●酢じめ鯵と冷やし茄子:食べた記憶がない・・・食べたのか?
●タコのなんとか揚げ:この辺までくると酔っ払いのブレ。

私とアップルちゃん、KCOさんとしゃべり倒す中、時々ボソッと的確な表現で一言を発するカッカさんとで楽しい時間はあっという間に過ぎていった。
●じゃこめし:まるで家でちゃぶ台を囲んで食べているような雰囲気のご飯。

シメのたこ焼き・・・金属が硬くてくえないよ!!
じゃなくて、カッカさんから私とアップルちゃんにお土産。。
たこ焼きキーホルダー
すごい、コテコテなものをいただいた。

これはもしかして、大阪粉もん部部長を嫁に持つ浪速のとうちゃんの陰謀画策?
たこ焼きを全国にアピールしようという。

私を金沢のたこ焼き支部長に任命?

今のところしっかり使命を果たしております。
ここいくつかの記事は連続してたこ焼き登場。大阪も金沢も病気の記事も。

サブリミナル効果でたこ焼きを食べたい欲求に駆られる人がでるか楽しみだ、フフフのフ。

これだけのお皿を片付けながら私ら2人は〆は別の店を用意していた。
そしてKCOさん、カッカさん夫婦も道連れに。

つづく。

(アップルちゃんの記事)
(kcoさんの記事)
(カッカさんの記事)
  1. 2005/05/16(月) 00:57:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:40

大阪:うまい屋たこ焼き(中崎)、造幣局の桜

4月16日(土)大阪/午後~夕方
優雅なイタリアンでシーハーした私たちは、私のリクエストでちょっとショッピング。
阪神百貨店の中にあるオペークや、その裏にあるイーマ、やはり地元にないショップを覘きたい。
衝動買いマシーン化する自分と財布の中身にちょっとジレンマ。
でもカードがあるわ。くるしゅうない、よきにはからえ。
テロテロな濃いブラウン・ドット柄のギャザーが入った腹の目立たない女らしい!スカート購入。
あと、シワになってもカワイイ、胸が開いたウッフンブラウス。

で、薄い水色のカーディガンを手に取って、これにしようか・・と思っていたところ、
アップルちゃんに「これが似合う!絶対これ!!」と出された色違いの新緑のようなグリーン。
グリーン系はそんなに持っていないのだが、店員さんと一緒にイイ!イイ!と言われると、
「お客様、とってもお似合いですよ」と「限定でしか食べれません」にはめっぽう弱い自分。

買っちゃいましたわ・・でも、薄い色よりも緑で全体がしまる。
全部まとめると、ウフフフ、アハハハ、待て~って感じですな。

一旦荷物を置いて、またチャリ2台でこぎこぎと向かった場所。
造幣局・桜の通り抜け
TVで有名な造幣局の桜の通り抜け、私は初体験。
桜の種類の多さ、人の多さ、屋台の多さ、すごい規模だ・・百聞は一見にしかず。
ちょうど出口近くにチャリをとめたので、入り口まで廻りこむのにすごい人と距離・・。
しかし、ハムエッグたい焼き、マグロステーキ、ドネルケバブ、小龍包ありとあらゆる屋台が
目白押し!!さすがテキ屋の本場だ、テキ屋の信ちゃん~おふくろ慕情編~
我慢していたけど、密かに気になっていたのよね・・ハァハァ。

そんな魅力的な屋台も桜の美しさの前では敵わない←ホント。
満員電車のような人の多さではあったが、頭上を見ればあるとあらゆる種類の満開の桜。

真ん中の右が今年の桜:紅華(コウカ)花は大輪、八重咲きで濃紅色。
花が重なって手毬の様になる小手毬や大手毬も綺麗だ。

アップルちゃんは白い「帆立」がお気に入りらしく、「ホタテを舐めるなよ!」を連発。
安岡”ホタテマン”力也に思い入れがあるようだ。

そんなアップルちゃんにカメラを向けられ、「はい!そこに立って!」と私は被写体。
ヒィ~魂が吸い取られる~じゃなく、照れるやん。
彼女いわく、私は不二家のペコちゃんに似ているそう。

プロフィールによると永遠の6才なペコちゃん。サスペンダー買ってこなくては。
昔は「ちびまるこ」に似てるとか言われたし、子供ばかりだ。
桜もたっぷり見た後、戻ってくる途中に寄った天五中崎商店街のたこ焼き「うまい屋」
昭和27年創業、変わらぬ味で作り続ける昔ながらのたこ焼屋。
焼き加減を見計らいながらさらに生地を足すという独自の手法。
結構人が並んでいる。またまた見られるマッハな手さばき。

時間は5時少し過ぎたトコロ。
5時半から皆で夜ごはんなんだが、間に合うのか!?というか、もうすぐご飯なのにたこ焼きを食べる私ら。
またしてもたこ焼きが前菜

フランス語で言うと「レザントレ」
イタリア語だと「アンティパスト」
行くのは居酒屋だが。


私はソースで、アップルちゃんはそのままで。
もちもちっとした食感で味にコクがあるたこ焼き。うまいで。

食べた後はマッハな速度でチャリで約束の場所へ向かった。
大丈夫か!?ザ・ワールドなら間に合う気がする。

(アップルちゃんの記事)
  1. 2005/05/15(日) 17:28:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:47

大阪:リストランテ・ルサーラ(曽根崎新地)イタリアン

4月16日(土)の昼めし
お昼の前菜として「たこ焼き」を食べた私たちは、キアヌ・リーブスを求めてラーメン屋に。
・・・・・・・・行ったわけではなく、私はチャリでアップルちゃんの後に付いていくまで。
カミーノ・アンジェロというお店に行ったのだけど、まだ時間が早くてオープンしていない。
待ちきれない私たちは次の店に移動する。

やや足が筋肉痛の私たちがチャリで向かったのは、Ristorante LUXSALA(ルサーラ)
るーるるるるーるー♪おや、急にピエールな雰囲気なビルだわ。
それもそのはず、トラットリアではなくリストランテ。玄関前から仁王像でもいるような風格。
「突然ですが…私たち結婚します!新しい人生へ踏み出したいと思っております!」
思わず結婚式の宣言をしたくなるような真っ白な階段に百合の花束と静寂さ。
カツコツと上から女性スタッフが降りてくる。
あのチャリの風圧で髪の毛が乱れてるんだが、私。

階段を登っていくと、白を基調とした広い空間は、
窓からの光が差し込んで爽やかさと透明感が際立つ。
カジュアルではないワンランクな雰囲気のちょっと心地いい緊張感。

私たちが選択したのは、ヴォン プランツォ(グランシェフのプレミアランチ)2,500円。
後、昼は5,000、8,000円。ディナーは8,000~20,000円と特別な日に訪れたい。

何かお飲み物は?と言われ2人ともペリエ。
ペリエ(perrier)は別名『水のシャンパン』と
呼ばれる硬水、同時に競馬のオリビエ・ ペリエも同時に浮かぶ。

ペリエは炭酸が爽やかで好き。
どれくらい好きかって、ドンドン、ドンキホーテでペリエ・レモンの缶が110円だったので4本買ってしまうほど好き。


ペリエの中に入っている球体の氷がオサレ。
カラン・・・と、君の瞳ように輝いてるよ、フッというセリフが似合いそう。
るーるるるるーるるるるー♪
温かいパンに付けるのはバージンオリーブオイル。
●薩摩黒豚のローストサラダ仕立て粒マスタードソース

思わずチャーシュー?とギャグを言う私。
こんな所じゃ通じんわ!

素材の味を生かした調理法は肉の旨味をたっぷりと味わう。辛子はダメだけど、このマスタードは大丈夫だった。

●シーフードビアンコ (私)
●タリアテッレ パンチェッタ、揚げ茄子、トマトソース (アップルちゃんのチョトいただく)

昨日はトマトソースだったし、ビアンコを選択した。
細い麺がつるつるとシーフードの旨味と塩味があいまってシンプルで美味しい。
だが、アップルちゃんのパスタもすんごくうま!!
あぁ、やはりトマト味たまらんのぅ・・。隣の芝生のように人のお皿がすごく恋しく見える。

●大山地鶏 カチャトーラスタイル
カチャトーラとはなんじゃトラ?
狩人風ということだ。
マッシュポテトの上に決して濃くない和風の味付け。
鶏肉が柔らかくて美味~♪
パスタにしても、このメインにしても、2人とも料理は違うのに同じタイミングで2人の男性スタップが出してくれる。
いいとも青年隊?
いや、心細やかなサービス。
●クラシックショコラ&パンナコッタ
●コーヒー&プチクッキー

大阪めぐりも2日目、焼肉・たこ焼きと庶民派ばかりだと私がブチ切れるだろうと思った
アップルちゃんの気配りが効いたお店だった。
エレガントな雰囲気にカジュアルな格好の私も思わず、縦ロールなお蝶婦人の気分になった。
まだまだ食べに行くわよ!オーッホッホッホッ
(アップルちゃんの記事)
  1. 2005/05/13(金) 21:15:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:38

過換気症候群2・アンリシャルパンティエのソルベ・フリュイ

まず一言。
1つ下の記事で、コメントを下さった方々へ。
ご心配、お見舞いのコメントありがとうございました。
風邪の具合も体も快方に向かっております。

あの話にはいまだから言える話があった。

(その1)
私が会社の人の車で病院まで乗せてもらい、立てなかったので寝台車を待つ間、
会社の人もかなり慌てていて、受付に走って行き、
「救急で苦しがっている人がいるので、寝台車と看護婦さんをすぐ寄こしてほしい」
という旨を受付の人に伝えた。

しかし、受付の人は、ここに名前書いてください、保険書がどうたらといろいろ言ったので、
動転していた会社の人はすぐに対応してくれないのに腹を立て、

「救急車で運ばれてくる人だけが救急じゃないぞ!
さっさと寝台車と看護婦をよこせー!!」

と怒鳴ったらしい。

大きな総合病院で響きわたる声、ロビーの殆どの人が振り返った。
その中に、その人の知り合いがいたそうで、後からその人いわく、
「強盗でも入ったかと思ったら、お前やった!!」
と言われたそう。

でも、その人の心理からしたら必死だもんね。

(その2)
血液検査、レントゲンなどの後で処置室のベットに寝かされた私。
呼吸の方が落ち着いてくると、心にも余裕が出てくる。
心に余裕が出るとギャグも出る。

会社の人に向かって、「私、カリニ肺炎かもしれません。仮に」と言ったり、

「声がかなりかすれているね」と言われ、
葛城ユキ、ボヘミア~ン」とかすれ声で答える。

自分が無事だったから言えるわけだが。

(その3)
過換気症候群の発作の時の対処法は、ビニール袋で自分の息を吸ったり吐いたりすること。
一見、シンナーを吸うあやしい行動に見えるが、これが効果的。

私は、次の日会社を休んだのだが、ちょうど会社の外壁を特殊塗料で塗りたくる日で、
かなり会社の中がシンナーくさく、何回も換気を繰り返したそうだ。

この日に私が、発作を起こしていたら、呼吸困難の上にスーハースーハーしなくても
シンナー中毒になっていたかも。
中毒とは言わないが、体調不全のままそんな臭いを嗅いだら気持ち悪くなることは必至。
行かなくてよかった。

さて、今週の月曜日。
私は喉が痛かったので、仕事帰りに冷たいゼリーを買って帰った。

●和泉屋さくらんぼゼリー(長崎)、和泉屋びわゼリー(長崎)
●土佐の文旦ゼリー(高知)、土佐のぽんかんゼリー(高知)
●たかはたのカボチャプリン(山形)
その他にも沖縄のたんかんジュースなど。

国内産のさくらんぼは甘く美味しく、ぽんかんはさっぱり爽やか果肉いり。
これらは、風邪で炎症を起こした喉に冷たい潤いを与えた。

そして昨日、知り合いからお見舞いの品をいただいた!!

●アンリシャルパンティエのソルベ・フリュイ
最初、ドリンク?と思ったこのジュース状のものは冷やしてシャーベットに。
コートダジューツの夏がイメージ。
マンゴー、アセロラ、パッションフルーツ。

「フリュイ」といえば「オヒョイ」を思い出すが、フランス語でフルーツ。

●アンリシャルパンティエのテリーヌ・ドゥ・フリュイ、マドレーヌ、フィナンシェ

テリーヌ状になったフルーツゼリーがエレガント。
このままバリッと開けて食べたらいかんのよ、お皿に盛って。
マドレーヌ、フィナンシェは大好物。

●銀たこのたこ焼き
過換気症候群にタコ焼き症候群と症候群づくめ。
たこ焼きの差し入れって嬉しいわ~~。

やはり最後は食べ物で〆て。
風邪でも食べる。食べないと逆にストレスになる。
  1. 2005/05/11(水) 22:01:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:42

突然の呼吸困難 「youちゃんちのmama」のケーキ

2、3日前から風邪の予兆はあったが、ハッキリ体に現れたのは昨日から。
喉が痛い、咳・タンが出る、喉から胸にかけて熱い。
昨夜は体のダルサをひじょーに感じつつ寝たのだった。

今日、風邪で体調は不調ではあったがいつもどおりの勤務。
症状はやや悪化ぎみで、つらいなぁ・・と感じつつも午前中は過ぎていく。

お昼前、胸が炎症しているような熱さを感じて、呼吸するのがしんどくなる。
呼吸する力が弱まっているようで、意識しないとかなり苦しい。
すると、だんだん余計に息苦しくなってきて、立っていられなくなった。
手足がしびれてきて、呼吸困難のように胸が苦しくなる。(←恋かしら?とギャグもでない)

うぉ~!これはいかん!会社の人に「息苦しいんです」と告げ、フラフラと外へ。
外の新鮮な空気を吸おうと思った。
しかし、一旦回復するに見えて、また呼吸が苦しくなって玄関に座り込む。
「病院行くか?」に「はい」と弱弱しく返事。

この時、本当に息が出来なくなって死ぬかと思った。
しかし「死ぬもんか!こんなとこで死なんぞーー!!」と心の叫び。
(さすがに声は出なかったわ・・)

会社の人の車で、白衣のまま近くの総合病院へ。
立てない状況だったので、寝台に乗ったまま処置室。
「落ち着いてゆっくり息を吸ってねぇ~」と看護婦さんに言われるまま、我慢して待機。
寝たまま血液検査2回、レントゲンをとった。

始めはかなり苦しかったが、じょじょに呼吸が楽になってきた。
それでも、体のダルサや胸の熱さは変わらないのだが・・。
そして、検査結果を持って先生が来るまでベットでほっておかれる。
私、お昼を食べてないのよね、そういえば・・・。
胸が苦しい時は忘れていた、腹の別の苦しさ。

「本当は怖い家庭の医学」 くる~きっとくる~♪

病名:気管支炎、とそれにより誘発された過換気症候群

気管支炎:かぜの炎症がのどから、さらに、気管支まで及んだ状態。

過換気症候群:緊張,不安,興奮,恐怖などの心因性要因や、疼痛,疲労などの身体的要因により発作的に速い呼吸をして、呼吸が苦しくなる病気。
(過呼吸のため、血液中の酸素が増え、逆に二酸化炭素が極端に減ることにより、血液中のpHがアルカリ性に傾き、自律神経のバランスが崩れる)

私の場合、胸が炎症しているのに加え、タンも鼻もややつまり、「息苦しいなぁ、呼吸しづらいなぁ」と思っていたからか、その無意識の不安の中、ますます呼吸が苦しくなり発作が起きるというドツボのような状況に。
今、治ってみればなんてことないのだろうが、その時は本当に怖かった・・。

元はと言えば、風邪が原因だったので、抗生物質、解熱鎮痛剤、痰を切る薬を出してもらった。
しかし、手足のしびれの名残がちょっと残って力がはいらん。

戻る途中に友達にメールをすると、かなり驚かれた。
こういう時に心配してくれる友達はありがたい。
しかし、お大事にと言いつつも、
(担がれていった時に心の中で、「しめた!ネタやネタやでー!」と思っていたのではあるまいな)というメッセージが。

「コラァーー!!さすがにそんな余裕はないわーー!!」
でも、年をとってポックリ逝く前に何かギャグを用意して逝きたい。

そして会社に戻って早退することに。
さぬき小町うどんで冷やしキツネうどんとお昼に食べ損なったお弁当のオカズ部分。
ご飯の部分は会社の人にプレゼント(付き添ってくれたお礼)

なんだか熱っぽいダルイ。
でも、食欲が落ちない体が憎い。
讃岐うどんがお腹にツルツルと熱い体に心地良いわ~。

そういえば、会社の人が呼吸が苦しい私に会社の酸素ボンベをガラガラ~!!と持ってきてくれたが、二酸化炭素が減っている状態なのに、酸素を吸っていたらまたどうなっていたか(汗)

正しい対処法は、紙袋を口と鼻全体にあてて、袋の中だけでスーハースーハーと呼吸する。
チョトあやしい光景だけれど、これが効果的。
誰も見舞いにきてくれないので、自分でお見舞いの品を買って帰る。
「youちゃんちのmama」
金沢市山科3-6-14 076-243-8883

ベリータルトを食べて元気になります♪つうか、早く寝ろ。
  1. 2005/05/10(火) 23:20:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:56

大阪:とらいあんぐる (中崎)たこ焼き

4月16日(土)午前中大阪2日目。
平日、6時半に起床しているので、早く起床。
ごそごそとネットしているとアップルちゃんを起こしてしまった。
体内時計が鳴り響いていることを伝えると、私に「いちご」をくれました。ウホッ
この日の私のリクエスト。
たこ焼き!たこ焼き!たこ焼き!
奈良のグランマのように激しく要求。
大阪で食べたいものNo.1

日が昇り始めた頃、またチャリ2台ですいーーっと移動する。
そういえば!!前日に映画「コンスタンティン」のプレミア試写会の為に
大阪にキアヌ・リーブスが来たとか来るとかなんとか。

キアヌ先生はラーメンを非常にお好みで、前に来日した時も京都でラーメンと食べたとか。
もしかしたら、その辺でラーメン食べているかもしれない!!
ラーメン食べたら隣にキアヌがいるかも。
「キアヌ~!!どこやー!」
「キアヌ先生ーー!!」
2人でアホなこと言いながらチャリこぎまくり。
ここはあなたどこですか?
ここはね君、「天五中崎商店街」(別に歌じゃない)
午前中の商店街はまだ人もまばら。 
静かな通りに暑苦しい北斗の拳の旗がはためく。
まるで今からの食の旅に激励してくれているのか、それとも「おまえはすでに肥えている」か。
かなりディープな大阪観光。
気になるものを激写、激写!!4連発。
●(上左)大阪発!自家製特製カレー麺:カレーが練りこんだ麺か!?
 カレーざる、カレー皿うどんとともに何かに掲載されたという張り紙が。
 気になる!!!

●(上右)おじさんが何やら焼き出した・・・なにやら焼き鳥っぽい。 
 何焼いてるのか気になる。 実演販売に弱いのよぉ~。
 気になる!!!!

●(下左)カレーライス180円。チョトからい??。
 180円という安さもビックリだが、インド人も困り顔のチョト辛さとはどんなものか!?
 気になる!!!!

●(下右)ブルンネン:パン屋さん。一見小さな商店街のパン屋さんだが、
 ジャズが流れ、レストランの人も買いにくる美味しいパン屋さんらしい。
 この名前からして、関西人だと「おっぱい、ブルンねん」というギャグは定説か!?
 気になる!!!
そんな商店街からするっと入ったスーパー「ナベルホンジョウ」
その中にあるたこ焼き屋さん「とらいあんぐる」 ひぇ~ディープすぎですがな。
愛想が良いおじちゃんが作ってくれるたこ焼きは、8個入りで280円。

あまりのマッハな手さばきで写真がぶれた。
1人4個ずつ分けてもらって、私はソース&マヨネーズ。
アップルちゃんは何もつけないで。

「ウマーーー!!」
本気も本気、本気と書いてマジ。
外はふんわりしていて、中はあつあつトロトロ。ダシの味がちゃんとする。タコも大きい。
何もつけないたこ焼きを食べるとなおダシの味が分かる。(アップルちゃんのを1個もらった)
これが私をたこ焼き症候群に拍車をかけた憎い奴なのだ。
この体どうしてくれるの、あなた。オロロン...


そして、このたこ焼きはランチの前菜
今からランチに向けてチャリでクイックシルバー的ルール無用の疾走をするのだ。
おお!なんと道を知っているのだ、するすると。
まさに大阪裏道街道三千里!、同時上映だったベストキッド2の師匠ミヤギと呼ばせて!

「キアヌ先生ーー!!」

(アップルちゃんの記事)
  1. 2005/05/08(日) 22:54:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:51

金沢:いこい(食堂)、たこべー(たこ焼き)

楽しいGWも終わってしまったはずの金曜日。
私は有休をとっていたので、朝は遅く起きてダラダラとネットしたり本を読んだり。
しかし、ここ数日の不摂生(食べすぎ?)がたたったのか、ちょっと体が重い。
これは少し運動をしなければと、いつもはチャリで行くパン屋まで徒歩で行くことにした。
家の近くにはひがし茶屋街があるので、そこをちょっと寄り道しながら通る。
紅殻格子のお茶屋が軒を連ねる古い町並みがいまだに残る地域。

メインストリートは観光客用、どんどん奥に入ると古いお寺や普通の静かな落ち着いた街の日常がそこにある。メインストリートのお茶屋さんやお土産屋さんなど、私はあまり知らない。
今度から少しづつ探検してみようかな。

しかし、この近くの洋食屋さん、焼き鳥屋さんなどはよく知ってるわよ!!
そこののれんを見たら、激しく焼き鳥が食べたくなってきてしまった。
2、3日以内に焼き鳥を食べる決意が湧いた。←何のために歩いているのか・・

茶屋街を過ぎ、しばらく道路に沿って歩くと、純金箔製造処「箔座」がある。
通り過ぎようとしたら、休憩場にこれが見えた
←黄金の自動販売機
ただの缶コーヒーもここで買えば、豪華な気分に浸れるに違いない!!
さて、パン屋さんでパンを買うと、前のクレープ屋さんでの「100円割引券」をくれた。な、なんで今私にこんな誘惑のチケットを渡すのか・・
クレープを食べろというお告げ?

そういえばまだお昼を食べていなかった。
この近くに中華のお店があったっけ・・・ふらふらと焼き飯を思い描きながら店に行くと休み!
そして亡者のように食べ物を求めて、フラフラと食べるお店を探し歩くはめに。
あまりお店がない道だったので、あてもなくひたすら歩く。
「母さん、僕のあの帽子、どうしたんでしょうね」

レストラン・いこい
金沢市大樋町1-7
076-267-6915
おばちゃんが営んでいる気軽な食堂、サラリーマンも多く立ち寄る。
オムレツライス、チキンカツなどフライ定食が美味しそう。
●ハヤシライス
牛肉いっぱいでやや濃い味のハヤシライス。ちょっと足りないか、ミックスフライ定食にすればよかったかなと。
「足りない」と思えばすぐに行動。近くの「たこべー」でたこ焼き。
7個200円という中途半端な数。しかも、たこ焼きが下で全部くっついている。
ダシの味があんまりしないけど安いし、この近くの学校の学生も立ち寄る店。

ここまで来ると自分が何のために歩いているのかは忘却の彼方。
「100円割引券」を握り締めクレープ屋さんに。
たこ焼き屋→クレープ屋まで結構な距離。
●カフェオレクレープ。
生クリームどっちゃりに冷たいコーヒーゼリー
ほんのりした苦味と甘みが交わって美味しい。今度の狙いは生クリームプリンね。
しかし、ちょっとした危機感もありなので、ジムに入会することも決意した。
何度目かの決意になろうか。

さて、その夜、「幸せってなんだっけ」に赤井英和が出演。
おお!これは見なければ。タイプの1人なのよ、彼は。

番組を見ていると、さすがの赤井英和も数子の迫力にたじたじ。
初対面で「あんた」扱い、さらに「本気でいくわよ!!」

「あんた私を誰だと思ってんの?・・細木数子よ!!
平然とご飯を食べる母の横で、私は爆笑。
情緒ある街の近くに住んでいても、風流なしっとりした女になるかは、また別の問題よね。

数子で得られるスマイル、プライスレス。
  1. 2005/05/07(土) 16:25:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:54

大阪:J'adore(梅田)カフェダイニング、香夏錦(こうかにしき)

4月15日(金)夜めし後のデザート

梅田の方までチャリで戻ってきて、私の次のリクエストはちょっとオシャレなカッフェーでお茶。
しかし、時間も10時くらいになるとバーはいくらでもあるが、ちょっとしたカフェっぽいものをなかなか見つけれず、チャリで街中を疾走爆走。
しかし、食べたお肉のカロリーを1切れでも減らせるしいい感じね。

始めにチェックした時にはすごく並んでいて、戻ってきた時に入った「J'adore(ジャドール)」へ。
 アイデックのショールームやカフェテーブルなどのデザインを手がける“間宮吉彦氏”がプロデュースするオシャレでナチュラルな内装でかなり広い空間。
本格イタリアンが楽しめるカフェダイニングでケーキも充実。
私の目的はもちろんケーキ!ディナーの後はデザートを食べなくては。
焼き肉屋で出されたフルーツはデザートその1

デザートその2
●バナナマンゴータルト
●コーヒー
「LAVAZZA」のカップで・・ということは豆もそうかな?
マンゴーには目がないのよ、クリームとサクサク感が美味しい。
ちょっとオシャレな空間で大人の時間を過ごす私たち。
息はかなりニンニク臭いが。
カウンターに座っていたら、ニンニクボンバーで店員はノックアウト確実。
この帰りに私がラーメン食べたいと言ったとかなんとか。
夜の雑踏の空耳アワーね、きっと。ウフ
さらにあくなき食の探究心はアップル家の冷蔵庫にも忍び寄る。
「わープチトマトが一杯!」じゃございませんよ!香夏錦(こうかにしき)というさくらんぼ。
「じぶん日記」の55aiaiさんからアップルちゃんへの頂き物、私もお相伴に預かりました。

通常、親がいつも買ってくるさくらんぼはやや酸っぱいのだが、これは甘~くて食べやすい。プチッと口の中で皮が弾ける食感。
三つ指そろえておいしゅうございました。

デザートを食べても主にフルーツばかりだからヘルシー!問題ないわと頭に思い込ませて、大阪1日目は終わった。
(アップルちゃんの記事・バナナスムージー)
(アップルちゃんの記事・さくらんんぼ)
  1. 2005/05/06(金) 18:40:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:28

大阪:焼肉万両(南森町)

4月15日(金)夜めし
大阪初日の夜めしは漢らしく焼肉!!
夕方、アップル2号(チャリ)をもう一台出して、2台でチャリチャリと店に向かったが、
19時に着いたところ、なんと予約は20時からになっていた。
時間勘違いしちゃった~焼肉に向けてはやる心を抑えられなかったか。

そこでお店の人から呼ばれる間まで、急遽チャリで地元商店街を観光アピールの旅に変更。
ガイドアップルちゃんに連れられて、天神橋筋商店街をチャリですらすらすぃ~♪

2人で都会の夜の街をチャリで疾走ってのはかなり気持ちがいいもの。
ウフフフ・・待ってぇ~、こっちだよ~んというカップルというよりも、昔観たケビンベーコンの「クイックシルバー」のように爆走する私たち。
北浜の難波橋にあるライオンをチャリ観光して、中之島公会堂までひた走る。ライトアップされていてロマンティックが止まらない。
ずばり自転車にE.T.を乗せて飛んでいるエリオーーット少年になっちゃう気分よ~!!

そんないい旅夢気分もつかの間、お店から席が空いたとの連絡が。
即座に肉モードに頭は切り替わる。
本日、行くのは「焼肉万両」
大阪市北区南森町1-2-14ロイヤルハイツ1F (06-6361-1371)

鹿児島、長崎など全国の和牛の有名どころから1頭丸ごと仕入れているので、
上質の肉が格安でそろうし、珍しい部位も楽しめる。木~土は神戸から新鮮なホルモンが並ぶ。
予約を入れないと並ぶのは間違いないくらいに混みあうらしい。

私は臭い防止のために、ゴミ袋持参だったが、座席の下にカバンを入れる箱があった。
お互いチューハイで乾杯して、肉食獣に変身。
●生レバー
生レバがうまいということは新鮮な証拠。胡麻油の香りがしつつクセはなにもない。
いつもクセだらけのレバーを焼いて食べてるからよけいにあっさり。
●生ユッケ
これも黄身の混ぜて食べると濃くがあって美味しいわ~。
そういえば、私は地元ではあまり生系は食べてないな・・別にいつもフレッシュ・レスな店に行ってるわけではない。
●キムチ盛り合わせ
白菜、きゅうり、カクテキ!カクテキ!好きだよ、カクテキ!
本場韓国のカクテキを貰って会社の冷蔵庫に入れておいたら、帰る頃には全体が臭くなったことを思い出した。
●マルシン(もも肉)
●塩・特上ーーーハラミ
写真ではどっちがどっちかわかりませんが、とにかく脂がのっていて肉の味がした。
ハラミはさっとあぶってレアっぽくいただきます。旨い!
●コテッチャン(右画像)
テッチャンが売り切れでコテッチャン(小腸)を注文。
私はいつも豚の腸を食べてるから、牛の小腸を食べるのは珍しい。
ホルモン好きな私の舌を満足させるプリップリぶりでした、ウママー!!

●ココロ(手前)
さて、私の大好きな心臓を注文したものの、アップルちゃんは苦手な様子。
生レバ大丈夫なのにココロがダメなんて、そんなことないやろ1口食べれば大丈夫や
とかとんでもなく勝手に思っていた私。

いやがるアップルちゃんに「1つだけ食べてみー!」、「クセなくて美味しいから~」と強要。
「わしの肉が喰えんのかぁ~!!」
とか、そんな言い方はしてませんよ!!あくまでもソフトにそよ風のような笑顔で。

しかし、アップルちゃんには悪魔のような笑顔に見えていたに違いない。
1つ食べてから、クセはないねと言ってくれたものの、後はもういいと。
残ったお皿の肉はわしのものやー!!
※私たちの地元では男の人は自分のことをしばしば「わし」と言います。
何故、私がたまに「わし」というのかは突っ込んように。

●焼き野菜デラックス
肉→肉→肉→肉で終わってしまいそうになるので、一応箸休めのために野菜を。
●にんにくてんこ盛り
何かダシの入った入れ物にとニンニクごろごろ。うまいですわ!
今、ハリポタ読んでいるので、西洋のドラゴンには口や鼻から火炎や毒ガスを吐くドラゴンいるわ~とか考えながら、乙女2人の息はまさにそんな感じだった。

明日kcoさんとカッカさんに会うのに息がくさいじゃないか。
いやがらせしたろか~とかすばらしい計画を語る(殆ど私)
●特選カルビ
●フルーツ(サービス)
いつもカルビは注文するのが少ないのだが、特選カルビはやはりうまい!!
お肉が甘くってトロトロでした。
あぁ~うまい肉は旨いってことですな。となんだか当たり前田のクラッカー。

さらに特筆すべきはコーン茶。
コーンから出来たお茶は香ばしくてさっぱりして美味しい。
しかも、無料!いくら飲んでも無料!無料!ボトルインさせてぇ~。

割合としてはやや私の方が食べた率が多かったかしら・・?
額から顔全体を脂ギッシュさせて、ちょっとほんのり酔いながら再びチャリに乗って梅田へ。
まだこれだけでは終われないこの夜は。
誰も止められないこの2人の走りを。

(アップルちゃんの記事)
  1. 2005/05/05(木) 15:19:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:35

大阪:ゼー六・アイスモナカ(本町)、松竹堂・フルーツ餅(吹田)

4月15日(金)オヤツ
本町でイタリアーンを食した後、すぐに同じく本町の「ゼー六」へ。デザートその2というヤツ。
木造一軒家のレトロ~な外観が目印のこの店は、アイスモナカ100円が有名で中には喫茶店スペースも。
アイス作っているおじさんがアップルちゃんへ突っ込んでくるギャグと、喫茶店に入ったらすぐに話しかけてくる隣のおっさんの気楽さ。
大阪を肌で感じた一瞬。
さくっとやさしい最中の中の自家製アイスは、懐かく軽い味。
さっぱりとした独特の味わいのアイスクリンのようなクリリンもびっくりの品。
テーブル3つほどのレトロで狭い空間の喫茶店で飲む珈琲は、外の明るさとの対比で何やら隠れ家にいるようで面白い。子供の頃、テーブルの下を隠れ家にしていたのを思い出すのぅ。

大阪市中央区本町1ー3ー22  電話:06ー6261ー2606

その後はもれなく南船場へ。
なぜ南船場か?自分は大阪に何度も来ているが、主にファッションは梅田、心斎橋、難波あたりしか街ブラをしていない。
しかし、雑誌などを読むと・・・
「今、南船場・堀江が熱い!!」
「大阪で今一番オシャレな場所・南船場」
と特集がよく組まれている。
ほぅ・・そんなにオシャレなら、この私にどれだけのモノか見せるがいい(雄山?)

「オサレと言われてる街をズバリ堪能するわよ!!」
と数子節を何回も連発しながら、まったく当てもなくぶらり2人旅の始まり。
(上の写真はオサレそうじゃな~い?と思ったビル)
もちろん「いつも心に下調べ」な私は、事前に雑誌等で、南船場のお店をチェックしたけど、
なにやらセレクトショップが多くてよくわけわからんのよ。
かたっぱしから入るわよぉ!とアップルちゃんと次々と店をまわった。

アップルちゃんは黒や光り物を結構手に取る。
黒・・光もの・・・カラス?などと無礼なギャグを言う私←シックとか言えーー!!
しかし、相手も相手。ダブルデイで暖色系のインテリアの事について私が言うと
「男色?」とかすかさずギャグが返ってくる。さすがボケ・ツッコミを日常としているだけはある。
私は時々漫画のポケ~のマークが付いている時があるからすぐには返せない。
ボケ・ツッコミABCを学ぼうかしら。

私はさっそく衝動買い魂を発揮して、なにやらキャミソールを3品も買ってしまった。
その中の1品はベージュのレース編みのようなキャミソール。
もちろんそのまま着るとスケスケ裸エプロンなので、Tシャツの上に重ね着用。
ピタッとしたTシャツの上に着れば、腹肉がわからんわい、ウホッ

さて、お次は翌日会う予定であるKCOさん&カッカさん夫妻へのアップルちゃん用お土産を買うために車で吹田の松竹堂へ。
すい~すい~吹田らたった、すらすらすい~すい~すい~♪
とついスーダラ節で歌ってみたくなる吹田。
松竹堂のフルーツ餅を以前ここでも紹介した。
いろんな種類のフルーツを白餡、さらにお餅や吉野葛で覆い、和菓子の概念からはちょっと驚くようなフレッシュ&爽やかさが味わえる。
お2人のお土産をアップルちゃんが買った後、やはり黙っては帰れんでしょう!
てことで1人1個づつ購入。
デコポン=アップルちゃん、メローン=私。
あぁ・・・額に青筋たっているようなメロンの柔らかな色合いが素敵!
お味はもちろん、中身にメローーンの果肉&白あんのやわらかな甘みがグッド!!

無事デザート3がお腹に入ったところで、また帰路へ。
次は怒涛の夜飯に向かって、かけめぐる青春!ビューティーペアが行く!。
ビューティビューティー ビューティーペア~♪(激古)

(アップルちゃんの記事)
  1. 2005/05/04(水) 01:38:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:36

大阪:Aprite(本町)イタリアン

4月15日(金)昼めし

それは去年のこと、「Hanako West (ハナコウエスト)」の「2004年・関西おいしい店グランプリ」特集号を買った時、イタリアン・トラットリア部門のあるお店に目がいった。
そこの準グランプリに輝いたお店の説明には・・・
「関西でもここまでローマ料理にこだわる店は少ない。」
「定番のサルティンボッカ仔牛のカツレツもしっかりした味」
ローマ料理・・・なんだかロマンあふれる感じで魅力的。

なにより、下の写真のローマ風カルボナーラ・リガトーニが大変美味しそう。
「ペコリーノチーズたっぷりがお約束」などと書かれたら、
「へへっ旦那いいんですかい?あっしは、たっぷり際限なしにかけちまいやすぜ!」
と、心で唸ってしまうではないか。あぁ・・ヨダレが。

1月初めにも大阪に行ったが行けなかったので今度こそ・・と、食べに行くことを誓った。
それがこの日のランチであるAprite(アプリーテ)

事前にアップルちゃんにローマ料理のお店に行きたいとメールで伝えると、
「ローマってことはトロイ風の衣装着用ですね?」とノリノリ。
私はそのページごとビリーーッと破くと、切抜きファイルの中へ。
食べたいお店があればどこへでも行く準備完了!
場所は本町、オフィスビルが立ち並ぶ間の1階にあるレストラン。
12時前に着いたので席は空いていた。
メニューをもらうとランチメニューのセットが載っている。。。
お店の人に尋ねてみると、お昼はランチメニューだけとのこと。
 ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「えぇーそうなんですか!」あくまでも、やや残念そうな口ぶりだが、心の中はかなりショック。
トロイで言うとアキレスが弓で撃たれた時くらい。
こういう時のショックは心の中で海に「海のバカヤロー!」と叫ぶ想像で我慢するしかない。
ま、ランチメニューしかないので、それから選択する。
Aセットメニュー
●前菜5種盛り(キッシュ、カボチャのグリル、キノコ、白身魚のマリネ
●サラダとハーブが練りこんだパン
●ナポリ風トマトソースやわらか煮ペンネ(私の選択)
アップルちゃんはモンゴイカとブロッコリーのビアンコ。
何がやわらか煮ってトマトソースの中に入っているタコ。
おお、たこ焼きよりも先にタコを食べてしまったわ!と思いつつ食べると、トマトソースの味付けがしっかりした味で美味しい!
タコも身が柔らかいし、
ペンネも歯ごたえがあってグー。
●抹茶のパンナコッタ
ローマ料理に抹茶とか思ったらいかんの。
ちょっと量は少なめで味は甘め。
12時過ぎると周りのオフィスのOLさん達がランチを食べにきて、席が一杯になった。
そう、この日はまだ平日だ。

カルボナーラが口に出来なかったのは残念だけど、ペンネが美味しかったのでよかった。


ふふっ・・でも、カルボナーラ、ペコリーノチーズ、仔牛のカツレツか。
いつか・・・また夜に来て、リベンジするわよ!!
食べ物にかかわる時だけ「さそり座の女」と化す。
(さそり座じゃございませんがフレーズが頭を駆け巡ったので)

地獄のはてまで ついて行く 思いこんだら いのち いのち いのちがけよ ♪
北陸の喰いタンは一途な星よ ...

(アップルちゃんの記事)
  1. 2005/05/02(月) 23:42:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:22

大阪:ウエルカムドリンクとメサージュ・ドーローズ、旭ポンズ

4月15日(金)の午前中の出来事

この日から3日間食い倒れるために、大阪駅に降り立ったのはいいけれど、
何か1月初めに来た時よりも中央改札口のあたりが変わった感じ?(実際変わってた)
本当に中央改札口から出たのだろうか?と不安になって、心は迷い道くねくね。

目の前にあった「総合案内所」のおねーさんに、「中央改札口は何処ですか?」
「ここです!」の答えにホッとする。しかし、私ったら大阪に初めて来たみたいじゃな~い。
もう~自分にプンプン!!←さとう珠緒風。

そして、改札口前で「まいにちをおいしくたのしくblog」のアップルちゃんがお迎えに来てくれていて、初めてのご対面~♪おぉっ!すごく小顔の髪の毛ふわふわなかっこいい系な人が。
そのジーパンのハイヒールでもれなく踏んでちょうだい!な気分になる。
アップル号(チャリ)に荷物を入れて、2人乗りでしばしコギコギ。

今回、アップル家に泊まらさせていただく。初対面なのにとても太っ腹だ。
そんなご好意に甘えてしまう面の皮が厚い私、チャリの後部座席にしばしばガクンガクン!
と衝撃が伝わってくるが、まったく平気だったところを見ると、
面の皮も厚いだけでなく、お尻の皮も厚かったと見える

ランチに行く前のしばしの休憩。
ウエルカムドリンクが出される。なにかお茶。
「なんだ、このドスコイ湯のみは!」
さては、食い意地の張った私を象徴するネタか、これからここまでになるほどズバリ喰うわよ!の警告か?
大阪人の笑いは深い。
・・・と思ったら、単に気に入っている柄を出しただけとか。
って、それ面白い趣味なんだけど!

私も昔、日光で買った「見ざる聞かざる言わざる」湯のみで対抗しなくては。

ここで「じぶん日記」の55aiaiさんから託されたお土産を渡される。
うぉ~!予想していなかったお土産ってなんて嬉しいんだろう。
感謝感激、ありがとうございます!!
左の写真:白くてかわいい箱の上には繊細なリボンが。中身は「メサージュ・ド・ローズ」のチョコ。
その場では開けずに持ち帰ることにした。
右の写真:アップルちゃんのお土産
大阪八尾市にある旭食品の「旭ポンズ」。柑橘系の絵を見ただけで美味しそう。
徳島のスダチ、ユコウ、柚子を主原料にしていると書いてある。
旭ポンズ友の会まであるほど人気があるらしい。
ポン酢なんて「味ぽん」しか冷蔵庫に入れてないわ~。ありがたや。
それ使い終わったら次味見しちゃうわ!!鍋の季節が恋しいー!!

←(これは家に帰宅して開封した後の写真。)aiさんの記事にも紹介されている、東京は京橋にあるメサージュ・ド・ローズのソニア。
中身のチョコが薔薇の形でとってもエレガント!この薔薇の花がまた3つにバラけるのですよ。
なのでとても食べやすい。
とか言いながら、綺麗なので食べるのがもったいなくて、つい最近食べた。クスッ
うふ・・・私を想像してこんなエレガントなチョコを・・・ではなく!!
kcoさんの記事でも登場するように、まだお会いしてないaiさんのイメージ。
チョコは食べてみるとマイルドなやさしい味がした。
この薔薇チョコを贈ることで1つのメッセージになりそう、そんな感じでした。

さて、お土産をカバンにしまい、ドスコイと気合を入れてランチに行くことにした。
つづく。

(私との出会いのアップルちゃんの記事
  1. 2005/05/01(日) 18:20:00|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。