なんとなくスカタン

スカタンな女の日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京:朝起(新宿・思い出横丁)

3月19日(土)の夜めし
渋谷→新宿と移動し、まずは1杯軽く行くか。
次の早朝からディズニーシーに向かうので、気合と体力をつけなくてはならない。
新宿西口から出て、思い出横丁に向かう。
横丁の真ん中あたりにある
スタミナ料理「朝起(あさだち)」
えぇ・・モロ・・モロでナイスなこの名前。
しかし、店の名前だと思って意識外だったのと、たまに周りが見えてない時があって、

この日の朝も・・「今日の夜は朝起だよね、あさだち!」と平気で言ってしまい、
「大きな声で言うなーー!!」
と、友達に言われる始末。 (密かに周りの人に笑われる)

珍しいものが食べられるというので好奇心で向かう私たち。
この通りにある岐阜屋は大好きなのだが、いきなり行くと腹一杯になるのでスルー。

お店に入るとカウンターが一杯で2階に上がったのだが、2段ベットでも上がるような超急な階段。馬のHなシーンのポスターが貼ってあるのを見て、頬をポッと染めた。←嘘

カエルや野菜など全国各地から珍しい食材が殆ど生で直送され、肉などはその日にさばいた物が出される。
お酒もハブ、マムシ、トカゲなどいろいろあるが、とりあえず無難にアロエ酒を注文。
●つぶ貝の刺身
エゾバイ科の貝もいろいろあって、北陸地方では「バイ」、 北海道では「ツブ」と呼ばれているらしい。なんにせよ、コリコリ旨い。
●さんしょううおの姿焼き
昔、天然記念物に指定されている「おおさんしょううお」というのを授業で習ったなぁ・・あぁノスタルジイ・・などと思っていたら、ルーマニアのヴラド・ツェペシュの串刺し伝説を思い起こさせるものがでてきた。Σ (゚Д゚;)
ま、想定内だけどね。
味はクセがなく淡白で鳥のような・・?でも小さいのでボリボリ。ドジョウよりもクセはない。

●牛の金ちゃん部分。
生で一丁!!
卵黄とタレとネギを混ぜると美味しいタレになる、タレは旨い。
肝心の肉は・・や~らかい。
何か噛んでいると、びみょーーーーーーーーな香りが鼻にくる。
ちょっとこれは説明が難しい。
何しろ、びみょーーーーーーーーーーーな部分だけに、このびみょーーーーーーーな味は、びみょーーーーーーーな説明になりそうでかなり微妙。

夜のお菓子「うなぎパイ」以上の精力レベル。
私にはちょっと苦手な味だと頭にインプットされた。
旨い人は旨いのだと思うが。

ちょっとかなり精力がついてしまったかも。
とは言っても、いきなり机をひっくり返したり、座布団を投げ飛ばすことはしない。
でも、心が密かに沸き立っていたのは、横のテレビがK-1を放送していたから。

部屋の端に座っていた爺さんが、さらに隅に寄ったように感じた。
ちょっと微妙に元気になったところで次の店に行くことにした。

私は「たんぽぽ」と呼ばれた女だが、すでにこれもこの記事で微妙になってきた・・。
つづく。
スポンサーサイト
  1. 2005/03/31(木) 23:07:00|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:45

東京:テオブロマのお土産

東京の旅のオフ会 florence_nonnon さんからいただいたお土産。
テオブロマのチョコたち。
・・・って、渡された時、自分はテオブロマを知らなかった。「テオブロマ」と聞いて、「テオブロミン??」と頭に思い浮かべたくらいだ。
だが、それはそう遠く外れてはいなかった。
テオブロミンとはカカオ豆に含まれる成分。利尿作用、心筋興奮などいろんな作用がある。
テオブロマとはカカオの木の学名。
ショコラティエ・土屋公二さんのお店の「テオブロマ」のチョコは箱からして立派な作り。
この1粒1粒のチョコたちは個性もバラバラ。二層になっているうち1層は生チョコ、1層はコーヒーの粒が入っていたり、噛むと洋酒のかおりがする緑の物体が入っていたり、実に凝っている。
もったいなくて1日1個しか食べられない。一日一善したら食べようか。

もう一つは「オランジュ」
スペイン産のオレンジの皮を煮詰めたオレンジピールをチョコで包み込んである。
私の大・好・物!
前にオッジのオレンジピールチョコが好きという記事を覚えていてくれて、わざわざこれを。
くっ!にくい、にくいね。ウフフ・・・( ´∀`)σ)´∀`)ヤメロヨォ
爽やかな味にチョコがからまっておいひー!!
手がかっぱ海老せん状態になるのを必死で止める!!

そこで他のブロガーさんたちの記事に書いてあったので気がついた。
テオブロマのショコラオレ
毎日行くコンビニに死ぬほど並んでいたのに気がつかなかった。
テオブロマを知らないからしょうがないが。
ただ、私はチョコは好きだが、ココアが苦手なのでスルーしてきたのだ。
でも、冷たいドリンクならばまだ飲めるかも・・せっかく知ったテオブロマだしと思って1個買ってみた。
ものすごくショコラの味が濃い、濃ゆい。吸う時にG・・じゃなくてやや吸引力を必要とする。
そこまで甘くないのはありがたかった・・・飲みやすかったから。

ショコラオレの周りにハーレムのように集まっているのは、「丸福珈琲店のカフェオレ」
これ、気に入っていてまとめ買いしている。まだまだ買うぞー!!

ところで、自分のイメージを比喩的に例えられると、なかなか興味深い。
florence_nonnonさんには私はたんぽぽというイメージだったらしい。

たんぽぽ・・・どこにでも出没し、踏んでも踏んでも生えてくる、しぶとい奴。
ではなく!!ちゃんとお花のイメージだったらしい。
ありがとう。じゃあ、あなたにはコスモスの称号をあげよう。
人を花で例えるとき、
薔薇のような、白百合のようなと言われればもちろん褒め言葉。
ラフレシアと言われたら、すかさず殴り倒そう。

この話を友達に言うと、私はすずらんのイメージらしいことを言われた。

すずらん・・・ディオールにディオリシモというすずらんの香水があるが、
あまり香りが好きじゃなくて、液が茶色になるまでほおっておいて、捨てたような・・・。

いや、それよりも、すずらんの香りといえば・・・ニュービーズ!!
そうか、私は洗剤だったか。
おまんさの過去を全て洗い流してしてやるぜよ!(誰?)
ボールドの方がお笑い度が上と友人は言っていた。(CMの話)

さらに話は続くが、私が20代前半の時に当時付き合っていた人が、
私のイメージをうさぎと言った事がある。

え!?うさぎ? うふっ・・うふふふっ。 かーいいじゃないか。
まいったなぁーフッ。
と思っていたら、うさぎはうさぎでも野生の茶色いうさぎと付け足した。
なぜ?なぜ普通のうさぎじゃないんだーー!!

そう思いながらも茶色いうさぎのぬいぐるみをお店で探していたあの頃の自分がかわいい。
周りが「どこが!」と言おうとも恋愛中の2人にはウサギと言ったらウサギなのだ。

あの頃よりは数段ずぶとくなっているので、今は何に変わっているだろう。
皆さんは何かに例えられたことがあるかしらん?

この次に書く、オフ会の後に行った店の記事を載せても
この人は、たんぽぽと言ってくれるかしら。
・・・・かなり不安。(((( ;゚Д゚)))
  1. 2005/03/30(水) 12:23:00|
  2. 東京
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:48

東京:ヴィロン(渋谷)パン&カフェ

3月19日(土)のオヤツ
六本木ヒルズでランチを食べた後、いったん新宿に行ってショッピングした後
友達と別れて一人渋谷に向かった。
この日のお茶の時間は「せつなーい」florence_nonnonさんとオフ会の予定。

渋谷のHMVでは2Fが私の定位置。
携帯に電話がかかって、エスカレーター近くにピンクの服を着た女性が。
この人だ!この人に違いない!スナイパーの感は当たるのだ。
背後から音もなく忍び寄り声をかけてビックリさせてしまった。
デュークあきこをお許しください。(´Д`;)

第一印象は、ピンクの服が似合う細身で髪がなが~い女性らしい人という感じ。
ピンクの服といっても林家パー子のようなピンクではなく、桜色のような薄いピンク。
それに引き換え、私はどこでも寝っころがってもシワにならないようなベージュの上着に
カーキのカーゴパンツにスニーカー・・・労働者系・・というか、働くおじさん!?
はったらくおじさん♪はったらくおっじさん♪こーんにちは!♪
この歌が分かる人は名乗りでるように。 

この人を食べ物に例えると桜餅・・というよりも桜のクリームを挟んだミルフィーユのような人だろうか。。。って、何で食べ物で例えるんだよ!!(青木さやか調)
お菓子やファンタジーが大好き、そんなかわいらしい感じがピッタリのイメージ。
乙女な恋話はいつも気になって読んでしまう。この時もいろいろ話しました。

ヴィロン(VIRON)
渋谷の東急本店向かいに1階でパンとケーキを販売、2階がブラッスリーになっている店。
パンや菓子にはフランスの製粉会社VIRONの小麦を使用。
ayuiceさん55aiaiさんはじめ、いろんなブロガーさんの記事になっていて、超気になっとりました。
私がパンを買いたいと言ったら、そこの2Fでお茶をすることに。
カフェは3時からなんでしばし待つ。
●シトロンタルト
●アイスカフェオレ
ふわっとしたメレンゲの下にはレモンの爽やかなクリームが入ったタルトが。
ラズベリータルトと迷った上にこっちにしたが、本当はどっちも食べたかったよー。

カフェに入る前にパンも購入したのだが、これまた美味しそうなパンが一杯。
しかしながら今私は旅の真っ最中。
明日の朝めしのパンくらいしか買えない。。
で、買ったのが、ブリオッシュとなんとかクロワッサン。このなんとかクロワッサンが、なんとかと言うフランスの高いバターを使って焼き上げられているらしい。
なんとかなんとかって名前忘れたよ!フッ。
このクロワッサンかなり大きい。
さっくさく、ふわふわ柔らかめのクロワッサン。

これを次の日、舞浜の駅の改札口の前で友達を待つ間、口のまわりにカスを一杯つけながら食べ、ブリオッシュはデズニーシーの昼めし中に何気なく出して食べた。
ブリオッシュは味が濃くて旨かったのでまた買いたい。

カフェは実に人気があって込み合っていた。
ケーキを食べ、お茶をして時間を惜しむように次から次へと会話が続く。喉も渇いてしまったので、また追加のアールグレイティー。

本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。時間が足りないよ~~今度はぜひぜひケーキがひしめく地域に一緒に行って!私をバミューダー海域のように足止めさせて!!
迷いすぎて消えるから!!


florence_nonnonさんの方の記事:土曜の午後は♪

  1. 2005/03/28(月) 22:13:00|
  2. 東京
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:32

金沢:シュプレーモ・千の升・らーめんほくしん

昨日はちょっと久しぶりに会う女友達と飲みに行ってきた。
友達が焼酎バーに行きたい!と言うので予約してもらう。
私はそこまでお酒をたくさん呑むほうでもないが、周りはどうして酒好きばかり集まるのだろうか・・・。
まっそれは置いておいて、焼酎バーと聞けば、食べる方がおろそかになるのでは?
私はむしろそれが心配。。
先にラーメンの1杯でもかっくらって待ち合わせにいかねばなるまいか。

3時に友達と待ち合わせてカフェシュプレーモへ。
金沢市片町1-3-9 ドウア柿木畠1F 076-260-5559
紅茶の美味しいきっちゃてん♪と昔歌があったように、ここは紅茶がメインのお店。
(もちろんコーヒーもある)
赤と白のイタリア製のミッドセンチュリー的インテリアでまとめて、昔風のギタポがBGMで流れていたりしてオシャレな空間でありながら、建物の構造がちと微妙。
ティーセットはすべてウエッジウッドで出してくれる。

酒を呑む前に少し腹もちをよくしておかねばなるまい。
アフタヌーンティーセット1050円。
サンドウィッチ&スコーン(クリーム、ハチミツ付き)
お好きな紅茶とケーキが付くので、ストロベリータルト、アールグレイティー

この時話していた話題は豆乳について。
私は、毎日「豆乳」を飲み続けてそろそろ3年になるが、友達は飲み始めて4ヶ月。
体に変化はあったの?と聞いたところ、
「指毛がなくなった!」のこと。

はっ!確かに私も指の関節の間に生える指毛がうすーくなったかもしれない。
豆乳を足などに塗ると毛が薄くなる効果があるというのもチラと聞いたことがある。
そのまま豆乳を塗ると足クッサーなので、豆乳ローションを塗ればいいのだろう。
などと「指毛」から始まったあらゆる毛の話題をしながらブリリアントな午後は過ぎた。

焼酎居酒屋「うまいや千の升」
金沢市片町1-3-9 ドゥーア柿木畠1F 076-224-2062
焼酎355種がそろっていて、ただいま全国5位だそう。
6時半までに入店で焼酎120種が100分980円飲み放題になるのだ!(ホットペッパー)

飲み放題といっても酒を浴びるように飲むとぶっ倒れるので、なるべくマイペースに。
茶豆をつまみに焼酎を飲み始めた。
飲んだのはこれ↓

●ちょうちょうさん(芋焼酎) 結構、芋の香りがする
●ひめばやし(栗焼酎) 栗・・よくわかりません
●さろ(茶焼酎) お茶のような感じがするよーなしないよーな・・・。
●岩いずみ(芋焼酎) 飲みやすいといわれたが薄い。
●一刻者(芋焼酎) 結構芋の香りが。

下のオカズを食べながら100分で5杯・・・多いのか少ないのか。
でも、最後の5杯目でだんだんボーーーッとしてきた。

顔が赤くなってきたかもしれない。
目が据わって三白眼になってきたかもしれない。
体がじょじょに柔らかくなってきたかもしれない。

そのまま外にでたらラジオ体操第一でも始めそうな雰囲気ではあった。
●海老マヨ餃子 3つのうち2つを私が食べる
●レタスと海鮮ホタテのサラダ 最後に残ったのを私がさらえて食べる
●揚げ出し豆腐 半分食べる
●豚の角煮 殆どを私が食べる

普通の飲み会にしては、品数少ないかもしれない。
いや、少ない、少ないはず。この量を1人で食べてもそんなものだ。
でも、そんなにたくさん食べない友達を前に大量に注文するわけにもいかずグッと我慢。

100分を越えたら、注文ごとにお金がかかるので、そこでストップ。
う~ん、頭が重い・・かなり重い。
HPを回復させるためにスタバへ。アキコは32のダメージを受けた!
本日のコーヒーがホイミの代わり。

気持ち悪くならなかったのは幸いだが、8時すぎから11時まで粘って回復させた。
少し回復すると頭よりもお腹がすいてきたのに気がつく。


ラーメン ほくしん
東京環状線にあるラーメン屋のチェーン店らしい。
ぱらっとメニューを開くと、
ラーメン、坦々麺、チャーシュー麺、ネギラーメン、野菜ラーメン、豚キムチラーメン
マーボー麺、ニラたまラーメン、
九州トンコツらーめん。。
ここのコンセプトって一体?
●チャーシュー麺
スープはさっぱり、麺は普通。

これだけ種類があるとラーメンのファミレスともいえる。
種類が沢山あると選ぶ方も安心するのだろうか。

友達が変な男の人からしつこくメールがきた話をしていて、
自分はブランドをどれだけもっているという内容のメールが送ってきたそうだ。
ブランドもたくさん持っていればいるほど安心感があると言うのか?その男は。

しかし、何百何個のブランドを持っていると書いてあったので
「お歳暮でもらったブランドのタオルも数に入れてるのか!」
・・と思ったそうな。

あぁ・・頭の中がとりとめない状態だったので、文章までまとまらなくなった。
それにしても長い1日だった。。。もちろん、お風呂は次の朝ね。

取り留めない状態の象徴「これ欲しい」
  1. 2005/03/27(日) 23:45:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:31

東京:サルヴァトーレ・クオモ(六本木ヒルズ)イタリアン

3月19日(土)の昼めし
東京の旅、この日は2人で。
攻める場所は六本木ヒルズ
去年の1月に行ったのだが、人が多くてレストランには長蛇の列が・・・・。
その時は、せっかく東京に来ているのに待つのは時間の無駄なので、ヒルズ外のイラン料理の店に入ったのだった。(ランチバイキング)
何事もやる事が極端な私は「今回は店に1番に入るぞ!!」と早朝からヒルズへ。

9時半ぐらいに着いたので、ウエストウォーク3Fのセガフレード・ザネッティへ。
一面ガラスの窓から光が座る席に入ってくるので、朝は爽やか気持ちいい。
コーヒーだけで何も食べない。
なんたって、昼はブッフェだからね、ブッフェ~。
バイキングとは違って、食べ物に向かって走り出してはいけないような言葉の語感がある。

お目当ての店。
ザ・キッチン・サルヴァトーレ・クオモ
本格ナポリピッツァ&イタリア料理のお店。
サルヴァトーレ・クオモ氏がプロデュースするイタリアン・ダイニング。
←身を乗り出したらキャー!と落ちそうなあそこの席に座ると決めていた。
11時開店なのに暇な私は周りをウロウロ写真取りまくりであやしいことこの上ない。
開店と同時に1番に入店ご案内♪

お昼のランチブッフェ
前菜・サラダ・パンはブッフェ
メインを5、6品の中から1品選ぶ。(メインはピザ、パスタ、肉・魚料理など・・)
デザート、コーヒーor紅茶が付いて2940円

●別に注文したクランベリージュースと前菜
ローズマリーの入ったパンがふわふわで香りもよく美味しい。

キノコのサラダ、パスタのサラダ、いろんな野菜のピクルス、トマト煮のミートボール、ポテトグラタン、玉子のグラタン・・・とちまちまちまちま取ってくるのがブッフェの醍醐味。

私の席の後ろに頭がやや薄ら寒いイタリア人のボーイがいたのだが、
ドリンクがなくなったらすぐに聞いてきたり、前菜を取りに行こうとしたらお皿を渡してくれたり、
とにかく物凄く気配りが行き届きすぎるほどだった。

前菜のお皿も食べ終わったと思ったら、背後から音も立てずにすぐに手が出た。
「おれのうしろに音もたてずに立つようなまねをするな………」by:デュークあきこ

●トマト、ボッコンチーニ、バジルのピザ(私のメイン)
(ボッコンチーニ=モッツァレラチーズ)友達のメインと半分こ。
ナポリ風のピザは生地がもっちもちが特徴。
かなりお腹が膨れる代物だ。

ここでイタリアーンボーイが唐辛子の入ったオリーブオイルが入った小皿を持ってきて、
「これをかけると美味しいよ、チッ」と、手でグッジョブ!!のポーズを決めて去っていった。(*^ー゚)b グッジョブ!!  
か・・・かっこいい。さすがさりげないグッジョブが決まるのは外人ならでは。
これを慣れない日本人がやるとオホーツクばりに寒い。

なるほど、オリーブオイルをかけるとピリッとしてなお旨い。
くるっと巻いて、フォークで食べるのに一苦労。

●地鶏のロースト、有機温野菜添え(友達のメイン)

これも友達と半分こして食べるのだが、まだ前菜のブッフェが食べたりない私は、このメインを全部食べてしまうと、背後からフォークもろとも持っていかれ、最後のデザートのお時間になってしまう。
いかん!それはいかん!!

そこでメインの料理を1口だけ残して、また前菜を取りに席を立った。

メインなしで最後に前菜だけ食べてるというのも寂しいので、これはいい作戦。
ボーイもお皿がさげられず、
「ちっ!こやつら、小ざかしい真似を」と思っているかもしれない。フッ 腹が膨れるまで元はとらねば。
生野菜、スモークサーモンのマリネ、ポテトグラタン、玉子の料理
ポテト料理は結構お腹が膨れる。

●カラメルとカスタードのプディング、ミルクのジェラード
(私のデザート)
後はコーヒーを頼んだ。

濃いカラメルの味が美味しい。
ジェラードも殆ど甘くなく食べやすい。
12時を過ぎてほぼ満席。
店の外にも行列がついている。
やはりこの店は11時過ぎにまでに来るのが正解のようだ。
●紅茶のシフォン、ミルクのジェラード(友達のデザート)

この店では、客が入店するたびに
「なんたらかんたら、ボンジョルノーー!」
(注:なんたらかんたら=イタリア語)
・・と、全員でかけ声をかけるのだが、それがイマイチいただけない気がする。
ひっきりなしに客が入ってくるので、なんたらかんたらボンジョルノー!ボンジョルノー!ノー!ノー!と全員で連呼する様は何故か居酒屋を彷彿とさせる。

全国お好み焼きチェーンの「道頓堀」に入店すると、
従業員全員から「ぽんぽこぽ~ん」と言われるのと同じではないだろうか。

そのくらい言うのだったら、会計を済ませ店を出る時には
アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリッ!!!
アリーヴェテルチ!!!(さよならだ)

くらいは言ってほしい。

(その他)会計が払えない時
ボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラッ!
ボラレヴィーア!!!!(飛んでいきな)
  1. 2005/03/25(金) 23:19:00|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:40

東京:すし一番(築地)

3月18日(金)の夜めし

連休は東京方面へ旅行に行ってきた。友達3人で集まっていくところはシー
子供のおしっこシーでもなく、そこ静かに!のシーでもなくディズニー・シー。
2年ぶり2回目なのだが、前回は別の女友達に付いていくだけだったので、
自分の頭の中には、何に乗ったか、名前は何か記憶が殆どない。

他の2人は初めてなので、当然2回目の自分が案内を引き受ける。
汽車の中でガイドブックを読んでアトラクションの予習・・するはずなのだが、
スモークチキン、カレー、メキシカン・・あらあらおいしそぉ~♪
なぜか気がつくと園内レストラン情報のページばかり開いてしまう。 なぜ!?

仕事が終わってから汽車に乗ったので、東京駅に着くとすでに夜11時近く。。
夕方からオニギリ1個だけだったので、殆どゾンビ化していた自分が行った場所。
ここから近くて、営業時間を気にしなくてもよくって・・・。
それは築地の24時間寿司屋!!

「すし一番」
築地4-8-6 24時間営業 無休
大通りから市場に向かうとすぐに「すし一番」の看板が見え、曲がると店があるが、
その店ではなく、その通りをまっすぐ行ってぶち当たった所を右に曲がってある「すし一番」に行った。
3月15日に出来たばかりの支店で、前の店とネタは同じだが、やや席の間隔が広くゆとりがある。この時間なので人も少ない。土日は店頭でマグロの解体ショーが行われるらしい。

このお店はもちろん市場の新鮮な魚と本マグロが1カン128円が売り。
全て1個からの値段が書いてあるので、明朗会計。1個98円から寿司がある。

●ほたるイカの煮物
頭の部分に卵が一杯つまったホタルイカが胃にじゅわわ~っと染みていく。
お酒はもちろんチューハイ。
●いわし、しまあじのお刺身
まずは青魚。いわしのお刺身は新鮮じゃなきゃね。
●青柳、みるひも
金沢ではあまり聞かない貝を頼む。みるひもはコリコリして美味しかった。
●丸武の玉子、えび子
場外市場で有名な「丸武」の玉子巻きをつかったお寿司。甘さも控えめで玉子ウマー。
えび子もあまり食べたことないので。98円。
●あん肝
これや!これやで!!これがなくてははじまらん!!
ちびちびと、あん肝食べる、幸せや。575ジャスト!
あぁ・・・こんなにたっぷり・・・幸せ。
●たちうおタタキ、近海マグロ中トロ
たちうおが珍しいと思ったので。中トロは中トロの顔をしていた。
●イクラ、かんぱち
イクラがプッチプチでウマー。かんぱちも脂のっとります。
●クエ、穴子
「クエの鳴く夜は恐ろしい」・・・と悪霊島のセリフを吐きながら口に入れる。
氷見でも食べたが、白身なのに驚くほど脂ののりがいい。
●さば、大トロ
最後にシメサバを頼むところが、ミラクルアタック!よく酢が効いていてこのサバうまいす!!
シメは大トロ。1個498円。やっぱり美味しかった。。。かみしめかみしめ。

人が少ないので写真も取りにくい・・と思いながらもビシバシ取り捲る。
職人の1人が金沢の自分がたまに行く寿司屋「幸兵衛」の人と一緒に修行したという話を聞き、
世間は狭いなーなどとお店の人と世間話をしていた。

さて、午前様近くになって、食べている間のお客は自分たちともう1組だけ。
その一組の40代親父2人組が、
「社長は俺を首にできるはずがないんだよ」ブチブチ
「年収1000万稼ぐ奴を首にできないよ」ブチブチ
とやたら大きな声でずーーーーっと、クダを巻いていた。

東京に着いたなりから、親父達の心のブルースを聞かされ寿司を食う。
他に客がいないので、それもまたBGMになる。
もうちょいっと大きな声だったら、にらみの一つでも向けるところだが。

そのまま朝までずっとクダを巻き続けていても、閉店ですと追い出されることはない。
あぁ、すばらしきかな24時間営業の寿司屋。
また行っちゃうよ!
  1. 2005/03/23(水) 10:00:00|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:56

スタバのマカロン・ボンビ・デリのパン

左:スタバのマカロン(キャラメルと桜)
桜が季節限定だったので買ってみた。噛むと結構もちぃっとしている。
ちょっと甘いかな・・・。桜は桜餅らしくちょっぴり塩味も感じた。

右:ボンビ・デリのパン
もともとはボンビブールというビストロが開いたパンとスープのお店。
金沢市武蔵町15-1 名鉄エムザ地下1階 076-232-3788
●クロワッサン・ミニ
ここのクロワッサンは有名でもっちりしてバターがきいていて歯ごたえがあって美味しい。
確かベルメゾンでも全国パンのお取り寄せの中に入っていたお店。
クロワッサンが1個170円するのだけど、これはミニで85円。
●桜メロンパン
またまた桜の香りがする限定メロンパン。
中にカスタードクリームが入っているのもうれしい。
●ボロネーゼ揚げパン
ミートソースにモッツァレラチーズが入って揚げてあるパン。
よく煮込んだ濃厚なミートソースがイイ!

オシャレなパン屋さんも好きだが、
スーパーに寄ったついでに袋入り菓子パンなどをふらりと買うこともある。
残業が遅くなり、夜めし後のオヤツをついついと。
山崎パンのマロンクリームパンを購入したら、シールがついていたが、
お皿をもらうほど買うわけではない・・・ふむ。

会社の自分の机の上にシール台紙を置いて「御触れ」を言い渡した。
「パンについているシール、いらない人はここに張るべし!」
結果、たまるたまる。帰りに食パンを買って帰るお父さんまでシールをくれた。
1枚目あっという間にゲット!2枚目ももうすぐたまる・・。
一応フランス製のお皿だしうれしいな。
「ただ」、「もらう」、普段の生活の活力なる言葉・・。


※今日の夕方から、21日の夜まで関東方面(主に東京)に遊びにいってきまーーす!!
 友達とシーに行ってきます。
(シーに行くというと、友達は食事後に楊枝でシーを頭に思い描いたそうな)
このチケットももらいましたkcoたまみたく言ってみる。

  1. 2005/03/18(金) 16:31:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:40

神戸・点心PAOPAO、551の肉まん、ホワイトデーの続き

3月15日(火)の夜めし
親が旅行の3日目の夜めしだが、3月は1年の仕事の締め切りの為、忙しい。
目も頭も疲れちゃったから、今夜もお惣菜さ。
帰りにデパ地下に寄り、RF-1でキノコ沢山のサラダを買う。
そこでやめていればダイエットだが、
神戸点心PAOPAOからよい香りが。
肉まんと海老シューマイをテイクアウト。
鶴橋キムチとその仲間達もあって買ってしまいそうになる。デパ地下は危険地帯。
帰宅すると親が旅行から戻っていたのだが、関西空港から九州に行ったためか、
机の上にずらっと並べられたお土産の一部。
551の肉まん、551のシュウマイ、
大阪・北新地の餃子

うれしいんだけど・・・。
肉まんとシューマイがかぶったー!
わかってたらデパ地下で買わなかったのに。
まさか、親は今日の夜、私が肉まんを所望することを予知したのかしら!
とりあえず、神戸点心PAOPAO551の肉まんを1個づつ食べた。
PAOPAOのは、皮が厚くてちょっともったり・・・でも中身はお肉一杯だし、シイタケも入っていて味付けも結構好き。
551は皮は薄いのがいい。上の部分は厚いけど歯ごたえがあって甘みがある。肉と玉葱の肉肉しい味はお馴染み。うまい。
PAOPAOのシューマイも食べたらく・・くるしい。ちょっとカロリー過多!!
次の朝はしっかり遅刻モード中レベルで、551の肉まんを食べながら運転。
化粧した額に551の脂浮きまくり。
今、火を近づけたら危険ね。

←またまた、今度こそayuiceさんが食べてたのと同じTimTam。
ソニプラに4種類ほどあった。
この間私が食べてたのはフィンガーサイズ
クラシックダークは甘みが抑え目で私好み。

ホワイトデーの話の続きだが、昔から私はお返しにパンツやパンティーなどをいただく事が多い。
パンツかパンティーかの違いは健康的か、ちょっと色気のあるものか。

一番初めにもらったのは23の頃、前の職場で40代のお医者さんから。
婦人科の先生だから、別に平気なわけで私以外にも全員パンツだった。
そう!この時はパンツ!!

アメリカ製のJOKEYという会社のもので、ソニプラに昔よく売っていた。
V字のラインのくいこみがありながら、おへそまであって健康的。
科からして、お腹を冷やしてはいけないというメッセージでも込められているのだろうか・・・。

このパンツがいたく気に入った私はその後もこのメーカーの下着を買い続けたのだが、
初めてパンツに穴が開くという事態に遭遇した
それが1枚や2枚じゃなく、かなり履いているうちに殆どが・・・。
今まで使っていた日本製、いや中国製のだってあまり穴は開かなかったのだが。。
やはり日本で売っている下着の生地は質がいいということか。

このパンツをいただいてからというもの自分のパンツ伝説が始まった。
その先生のせいか、その後パンツ・パンティーをくれる人が続出。
恥ずかしい人はハンカチ。・・・いわばブームになった。
そして、自分の彼氏にも伝わり、彼氏も彼氏の友達もパンティーをくれるように。
おお!カワイイと思うものから、ギャグかー!!と思うものまで目白押し。
ここで、並べて写真を撮るのはやめとくわん。。。

そしてそのブームはそれだけではとどまらず、
私の中だけでトランクスブームへと勝手に方向転換。
バレンタインや旅行のおみやに冗談がわかる人にだけ、お世話になったあの人やあの方に
ネスカフェゴールドブレンドのごとく友達とプレゼント。

前に記事にしたやっちゃんトランクスのほかにJ・クルーのもの。
J・クルーでは真ッ黄色の地にシマウマが一杯の柄をあげましてよ。
もちろん狙いは笑いをとるため
ホッホッホッ

いままであげた中の大関柄天津甘栗
ややくすんだレッドと栗とのコントラストが銭湯での空気を和やかにする。

そして横綱柄は浅草で買った御用!のちょうちん柄
黒地に御用のちょうちんがいくつも並べられている柄が歴史とシブさを感じさせ、
銭湯では一目おかれる存在となるだろう。

なにしろ、「御用!御用だー!!」は「女将、女将を呼べー!!」に匹敵するほどの説得力のある言葉。写真がないのが残念なことである。
  1. 2005/03/17(木) 11:29:00|
  2. 食べ物他
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:31

ホワイトデーのお返し

3月14日(月)の夜めし
日曜に続いて、親が旅行中だった月曜。
この日はホワイトデーだったが、残業があったので家で一人飯。
帰りのスーパーで、「タイムサービスだよー」の声を聞きつけて向かうと、
あらビックリ!お刺身が1パック200円。(*゚∀゚)=3ハァハァ

598円の天然ブリが200円なんだからこれは安いと手に取って、
イカも食べたいな・・となんとなく手に取る。
すると店員のオッサンが、「3パック買ったら500円にしてあげるよ」
と、野太い声で甘く誘惑するのだ。

気がつくと「ブリ」「イカ」「メジマグロ」の3パックを買っていた。。。
って・・・いったい何人分を買うんだ・・一人なのに
帰宅して、その辺にあるものを鍋にぶち込んで水炊きの準備をすると結構な量になる。

そして、やっぱり少し残してしまった。。メジマグロとイカ 
茹でて次の朝にポン酢につけて食べたのだが、マグロの刺身がツナに変身・・・_| ̄|○
さて、今年のホワイトデーのお返しはまだ回収率100%ではない。
今年のバレンタインには4人に渡したが、
1人はどうするのか不明だし、1人は会社まで取りに行かなければいかん。

やっと2個回収しました!隊長!!
左の意識不明のウサギらしきものが入っているのは、「ボディーショップ」のギフト。
パパイヤの香りのボディーバターとジャワージェル。

とは言っても、自分で買ってきたのだが。
「はい、これ。お返し!」「わーありがとう!」と一人上手をするのではなく、
仕事が忙しく予算を言うから適当に買っておいてと頼まれた。
友達の分もあるので、自分のと種類の違うのを選ぶ。
お風呂あがりにヌリヌリとバデーに塗っちゃうぞ。

右の謎な植物は会社の人からのお返し。
水をかけて、育てる植物らしい・・・会社の女の人たちに不評だった
理由:食べるものじゃないから。
そうなのよ、「キャ~カワイイ!もう感激ですぅ~一生懸命育てちゃいますぅ~テヘッ」
とか言う人はうちの会社の女子にはいないのよ。
やはり食べるものがよろしいそうです。もちろんいただいた本人にそんな事いいまへん。
ロッカールームの皆のつぶやきシロー。ここだけの話にしといてね。
ふふ・・・・・・夢なんてものは、遠い過去に置いてきたのさ。( ゚Д゚)y―┛~~

気に入ったのは、会社の女子の子供の女の子。
おお、子供はやっぱり夢がある。

私は家に置くと水をやり忘れる心配があるので、会社に置くことにした。
毎日仕事をする時に眺めていると愛着も湧くというもの。
名前は何にしようかなぁ~。今なら「インリン」か「ゴルゴ」でしょうか。

そして「これ大きくなったら食べれますかね?」と聞いたのは私です。
イマイチこれが何かわかってないんだけど。。。
  1. 2005/03/16(水) 23:30:00|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

金沢:地鶏・もも焼・水たき とり丸

3月13日(日)の夜めし(きれそうな私の3時間)
思わず「ブリジットジョーンズの日記」みたくサブタイトルをつけてみた。

日曜の朝から母親は九州に旅行に行った。
またまたイヤーンな焼き飯を作って、昼めしを食べ終えたが、一人で夜めしまで作る気力なし!
やはり一緒に食べてくれる人がいるから料理の修業も気力が湧くものなのか。。

というわけで、急遽知り合いと夜めしを食べに行くことにした。
給料前だし、贅沢はできないわん・・ということで、家の近くの「焼き鳥・大吉」に決定!
(いわずとしれたチェーン系)

この日は夕方あたりから、しんしんと雪がひどくなり始めた。
5分ほど歩いて、「大吉」に着くと休みだった。。
「いやー!休みだ!腹立つ!」

「うー・・ん、もう頭は焼き鳥だったのに」と道を戻りつつ、バス亭まで来て
「そうだ!金沢駅近くに「やきとり一番」があった!駅までバスで行こう!」
(と、何故かまたもやチェーン系焼き鳥が頭から離れない)

バス亭で待っていると、どんどん雪が傘に積もって重たい。
さらに近所だと思って、綿のコートやズボンを履いていたので、雪がしみて冷たい。
・・と、車が前をジュビュー!!と駆け抜けて、雪がドバシャー!!とかかった。
「くっそー!ずぶぬれやん!腹立つ!」

バスに乗って金沢駅の近くで降り、あの道の角を曲がれば焼き鳥が待っている・・・
と思ったら、「やきとり一番」は休みだった。。。
「ちょっとぉ!無休じゃなかったっけ?看板に偽りあり!腹立つ!」
(実際は不定休だった。。。不定休というのもなんだか腹が立つ。)

駅に向かって歩くもやっているお店が少ない。
ステーキ屋やダイニングはやっているが、その気ではなかった。
日曜は休みの店が多い・・あまり日曜の夜に出かけないので改めて知る。

もう、こうなったら、繁華街の片町にバスで行くしかない。←焼き鳥を食べるには。
初めからそうしていればよかったのだが。。
今、金沢駅は新しくドーム型の入り口がお目見えした。
自分のいる場所からバスターミナルに向かうもタクシー乗り場をぐるっと回っていかなければならない。
「もっと、すーっと行けんのか!」
もう、ちょっとした事で腹が立つようになっている。

バスに乗って、もし途中でチェーン系焼き鳥屋の灯りが付いているのを発見したら、
また腹立つところだったが、それはなかった。
その代わり、途中で「ミニ居酒屋」という店を発見した。
「ミニ居酒屋ってなんやねん!ミニって」
「品数がえらく少ないのか」「2、3人しか座る場所がないのか」
ブチブチブチブチ・・・・。

街に着いて、せっかく街に来たんだから好きな店に行こうと、お気に入りの焼き鳥屋に
向かうも・・・休みだった・・・くっ・・・めげないぞ・・・・。
やはり日曜、お店は結構休みが多い。チェーン系の居酒屋は目立つが。

そこへ、やきとりの「秋吉」の看板が点いているのに気がつく。
あーもう、しょうがないなー。秋吉なんて何年ぶりだろー!パパ行っちゃうぞー!
と向かったが、なんと看板は点いているのに店は暗い
「休みなら看板消しておけー!腹立つーー!」

ふと近くに前行ったことのある焼き鳥「備長扇屋」を発見。
お店はやっている!!
わ~い!今度こそ~!!と思って、店に入ると満席
いや、一番入り口の近くが空いていた。。。。

一応、その席に座ってみたが、入り口の前で人が入ってくるたびに風があたるし、
座席が2席で机も狭く、荷物すら置けない。
しかも、寒いので上着を脱がずにいたが、雪がしみこんで冷たくなった上着を着ているので、
よけいに体が冷えてくるのだ。。。これでは、いかん!!
・・というわけで、その店も出た

いまや、「腹立つ!」の言葉も出なくなって、ちょっと無口になりつつ・・また店を探す。
テーマ曲は日本インド化計画/筋肉少女帯のメロディーで。
「あたしに焼き鳥を喰わせろ~!!」

ある通りにさしかかり、刺身系居酒屋や韓国居酒屋の灯りを見ながら奥に進むと、
「とり」という文字が見えた。

「地鶏・もも焼・水たき とり丸」
もう、いいよね。疲れたもんね。真っ白に燃え尽きたもんね。この店に決定。
店までの前置きが長すぎてスマソ
比内地鶏、さつま軍鶏の炭火焼、地鶏水炊きなどの鶏の専門店。
まずは、グレープフルーツハイをぐびっと1杯。
●比内地鶏の炭火焼き正内、砂肝、ハツ
●大根めんたいサラダ
●とり皮ポン酢
●手羽ぎょうざ
これだけ肉肉しいメニューを食べるんだから、大根のジアスターゼで消化しなくては。
このとり皮ポン酢がウマー。そこまできつくない酸っぱさで食欲をそそる。
手羽ぎょうざも中身がぎょうざの具が入っていてあつあつ。

●ももから焼き(ひな)800円
店独自のタレに漬け込んで焼いてある。少しピリっとして、ほのかに香るニンニク。微妙な薄い味付けでクセになる味。(゚д゚)ウマー 

ここで、焼酎のボトル1本頼んで、寒いので焼酎のお湯割りを作って飲み始める。
明日、仕事だから飲みすぎないようにしなくちゃね。

●ねっく、つくね
●地鶏スープのダシ巻き玉子
●玉こんにゃく
●鶏スープ茶づけ
ちょいと旦那、つくねがコゲ過ぎよっ!
ダシ巻き玉子は地鶏スープ入りだったが、普通のダシ巻きと違いが分からなかった。。。
でも、まぁまぁのお味。ふわふわに焼いてあったし。
鶏スープ茶づけは1口飲んで、薄味の鶏のダシ汁がおいしいと思った。
付いていた明太子を入れなければよかったと思うほどに。

ほんとに安く済ませるはずが、バス代400円も使うわ、
酔ったついでに沢山注文してしまうわ・・・・・でも、もう腹は立ちません。

家に帰ってからは、案の定、酔って服を着たまま寝た。
めでたし。
  1. 2005/03/15(火) 23:30:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34

金沢:甘納豆(かわむら)・グリルオーツカ

3月12日(土)の昼めし
土曜日は行ってみたい所があって昼過ぎから一人でブラブラ出かけた。
夕方から雪マークが出てるだけあって寒い!バスにのってたらたらと広小路まで。

今、本屋に並んでいる「hanako(銀座特集)」に渡辺まりなの連載?のページがあって、
金沢のこのお店を紹介していたので、行ってみたくなったのだ。
西の廓の角っこに位置するお店。甘納豆専門店「かわむら」
こじんまりとした落ち着きのある店内に、可愛く包まれた甘納豆がいろんな種類売っている。
豆には漂白剤・着色料、酸化防止剤など不使用。
備長炭でろ過した水を使用したりしてこだわりがある。

種類別で売られていたり、いろんな豆が瓶に入っていたりして選べるのだが、家用に買ったのはこれ。「五種・其の豆寄せ」
下左から時計回りに、丹波黒豆、ひよこ豆、
はすの実、五郎島の芋甘納豆、すはま、だいず

すはまはきな粉に、水飴と砂糖で練り上げたお菓子。
ひよこ豆が栗みたいな味でほこほこと美味しい!どれも甘さ控えめの味で少しづつ種類たくさん食べられるのが楽しい。
西の廓もいくのは初めてだったけど、甘納豆買ってさっさと繁華街に戻った。
なぜなら・・・超寒かったのもあるが、まだお昼を食べていなかったから!
そう、この体が冷えて冷え切っているのは、ご飯を食べてないからだわ。
早く栄養補給しないと!!

ご飯を食べにいった場所:
グリルオーツカ
創業40年以上のレトロな洋食屋。
●ハントンライス(680円)

皆様、ハントンライスってご存知かしらん?金沢だけのメニュゥかも。
ケチャップライスの上に玉子を全体にかけ、その上に白身魚のフライ(この店では白身さかなと海老のフライ)にケチャップとタルタルソースをかけたものを金沢ではハントンライスと言う。

子供の頃、ジャーマンベーカリーの食堂や、その系列の「赤なす」で食べていて、
ジャーマンアキなどや他の一部の洋食屋で今でもたまにメニューにある。
タルタルソースがいい具合に心の思い出をつんつん刺激ックスするのだ。

レトロな店内には若い男や女が1人1人で食べにきている。
HIPHOP系の人がお持ち帰りしてたり、若者のレトロ喫茶嗜好が進んだ?

そんな中、注文をとりにきたおばちゃんに私が「ハントンライス、大盛り!」

・・・と言うと、「大盛りは多いよ」と返される。

大盛りだから多いのは当たり前なんだが、どれくらい多いのか分からないので
もし残したら失礼だし・・としばし躊躇する。

すると、おばちゃん
「少しだけ大盛りにしてあげようか?普通の値段で」

「本当ですか??」

もし、自分の姿を鏡にみたら、きっとと雨上がりの空のようにパァアアアアアッと顔が急に明るくなってたのが見えただろう。
キラキラ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*キラキラ

なので、写真では分かりにくいかもしれないが、ちょっとご飯は多めなんである。
で、値段は変わらず680円。
オバチャンの親切心に乾杯。

こういう何気ない幸せが、心のベストテン的出来事に入ることがある
大抵、食べ物のことばかり。
続きを読む
  1. 2005/03/14(月) 11:37:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:46

金沢:中華料理(桃郷酒家)

3月11日(金)の夜めし

「くいちぶ日記」のカエデままさん
「cocoのセレブ日記」のココさまとの3人で金沢オフな日。
カエデままさんとは1度顔を合わせたことがあるものの、ココさまとは初めて。
PCトラブルのため、連絡が途中のままで目印等が伝えられず
かなりの人が待ち合わせ場所に使う場所を選んでしまったので、ちょっと不安。

しかし、ちょうと時間となった時に、まるで俺の背中に立つなというゴルゴ13のごとく、
背中に気配を感じて振り向くと若い女性が。
目と目があってキックオフ並みの以心伝心術でココさまと分かりました。
こっちも中華食いたいオーラが体から渦巻いて出ていたのかもしれない。

「桃郷酒家」 金沢市片町1-10-12 076-222-0901
気軽な雰囲気で本格中華から点心・ラーメン、焼き飯もいただける今回の私の推薦店。
会社の忘年会、2次会などによく使っている。
●ピータン
自分は好きでも嫌いでもないが、このピータンは独特の臭みがあまりなく、とても食べやすい。
普通にちょっと毛色の違った玉子を食べているという感覚だ。自家製だったかな。。
●海老ギョーザ
この店の名物。丸ごと海老が入ったギョーザ。海老がプリプリで尻尾まで食べちゃった。
●エリンギの天ぷら
ここの天ぷらの衣はやや固め厚めでカリッとしてとっても美味しい!!
エリンギがサクサクして、網目状のジャガイモの飾りの裏にも隠れている。
●小籠包(ショウロンポウ)
肉がずっしり入った小籠包。
カエデままさんはかつて肉まんのような皮の小籠包を食べさせられたらしい。
それ肉まんやんとツッコミが入る予想。

カエデままさん・・落ち着いた雰囲気だけど、よく話される。
ココさま・・大食いなのにどこに入るのというほど細いけど、よく話される。
私・・座っても沢山食べても腹が楽になる服を着ているけど、よく話される。

よくしゃべる×3人=箸がなかなか進まない!
そう・・・息継ぎをしているのかというほど、3人かわるがわる連続して話すので、
途中で箸が止まるのだ。
再開の口火を切るのは私が多かった気がするが・・・。
「あっどんどん食べてね~」←自分が食べたい。

●豚肉の天ぷら
私のオススメ!上に書いたようにサクサクの衣で肉がウマーー!!
岩塩も付いているし、私は少し酢が入った醤油ダレで食べるのが好き♪
●セロリの炒め物
セロリと赤ピーマン(か、パプリカ)。あっさり薄味の中にシャキシャキ感のあるセロリで爽やか。
野菜も摂取せねばね~。結構3人とも濃ゆい系が好きとみた。
●四川ラーメン
麺はちぢれ系のやややわらか。スープはさらっとしているがこれが結構辛い!!
●ニンニクチャーハン
私の好きなメニュー。ニンニクの芽が入っていて、香りがとてもよい。
お肉は焼き豚が使われている。(゚д゚)ウマー 

3人でこれだけの量です。
どうでしょう?自分に例えるとハシゴ行かないとしたら2人分の量かもしれない。
え!?ということはやや少ない!!←自分の場合

しかし、話しながら長い時間をかけたので、意外にもお腹が膨れた。
そうか!
ダイエットには、しゃべって時間稼ぎをしながら食べるのが効果的

今回は、しゃべる→しゃべる→しゃべる→食べる→しゃべる の繰り返しだったけど、
いつもは、食べる→食べる→食べながらしゃべる→食べる であった。。
どっちみち箸が止まることはないのだ。

さて、しゃべるのに懲りない3人は
イタリアントマトへ。
2人ともコーヒーだけなのに私はケーキを注文。●タルトプティング
しかも、コーヒーのお代わりもしちゃった。テヘッ

お2人はお酒もお好きらしいが、
私はこの日、ライムサワー、ライチサワー、マンゴー焼酎の3杯で、やや酔ってしまった。
お手軽。

ダイエットが遥か大気圏外へ行ったらしいという事は酔ったせいにしておこう。

  1. 2005/03/13(日) 02:34:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

ローストビーフベーグルサンド

●ローストビーフベーグルサンド
下半分にはサワークリームとローストビーフ、サニーレタス。  
上半分には溶けるチーズ。   挟んでポン!旨いす。。。
本にはホーラディッシュの摩り下ろしも加えると書いてあったがないので。
しかし、通称「山ワサビ」らしいので、ワサビ嫌いの自分には無理そう。

先週、土曜の朝めし
そのベーグルサンド
目玉焼き
キノコとほうれん草の炒め物
クリームシチューのようなスープ
(親作)
やっぱ牛乳

平日は車中でパン1個、野菜ジュース(液体ダイエットはやめた)
休日はこれだけ朝から食べるが多いスか?
先日、千趣会からプレゼントをもらう。
●ヤギのティッシュBOX
トイレットペーパーの芯を抜き、お腹に入れ、口からうぼぁ~と出して使う。
ペーパーをセッティングする様がかなり悲惨。腹の中からティッシュの先を喉元に押しやり、もう片方の指はヤギの口に突っ込み、ティッシュを掴もうとする。
それは酔って口に手を突っ込んで吐く様に似ている・・・。我知らず自嘲的な気分になる。

でも、紙が後ろから出るのじゃなくてよかった・・・。

これと似たような感覚の物がふと思い浮かんだ。
友人と地元でイタリアンを食べに行った時のこと。
ニワトリの形の水差しがテーブルに置かれていた。(この方の写真の水差しに似ている)
それも口からうぼぁ~と水を注ぐために使うのだ。

水がもし・・トマトジュースだったら・・・吐血?

その水差しの名は2人の間でトケッツーと名づけられた。
  1. 2005/03/11(金) 12:43:00|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:42

豆腐ハンバーグ・・と思いきや

日曜の夜めし(3/6)
せっかく私が夜めしを作る番であったが、
母親が近所の寄り合いでご飯を食べるというので一人飯となった。
いやな色のチャーハン・・(´・ω・`)
しめじとニンニクと醤油の焼き飯・・。スルー。
今日のメインは豆腐ハンバーグ
いくつか作ってお弁当にも持っていける。
例のスポ新の男の手料理から。
鶏ひき肉200gに玉葱1/2個のみじん切りを混ぜ混ぜして、木綿豆腐を200g入れてこねるのだが、豆腐を入れた途端にものすごく水っぽくなってドロドロ・・
いや~んな予感がして、パッケージを見ると
豆腐を3倍の量入れてた・・
勘違いして600g....._| ̄|○ il|! 
お前って子は何度、確認しなさいと言ったら分かるの!
・・・・・・・・と両頬をぶたれた気分。

なぜか1丁を100gとその時は勘違いしていた。。。
一応、ハンバーグの大きさ分のタネをお玉で取って(手で握れない)、フライパンで焼いてみるも、やわらかすぎてひっくり返らない。
失敗を繰り返しているうちに豆腐炒めになっていた・・。(上の写真)
この辺からやる気ナッシングモード炸裂なのだが。。。酒を飲まずにいられるかーー!
氷結ラ・フランス、明治十勝っ!カマンベールチーズ、アボカドを切っただけの物
でも、私負けないっ!
ぐしゃぐしゃの豆腐炒めをグラタン皿に入れ、間にアボカドの切り身を挟む。醤油とみりんをフライパンでトロ~っとするまで熱して、お皿の上から流し込む。
上に溶けるチーズをのせて、
オーブンで焼けば
豆腐グラタンの出来上がり。
ふっ。。。ナイスでグーな考えで目頭が熱くなる。

←しかし、かなり汁っぽい
お前って子は!
お前って子は!
どうして豆腐の水きりをしっかりしてないの!!

豆腐と鶏の和風風味チーズがけ・・悪くはないのだが、
アボカドは挟むべきではなかったのかも。
夜めしの食べた中で一番美味しかったのが
アボカドに醤油かけただけのやつだったから・・
  1. 2005/03/10(木) 12:27:00|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:40

富山(高岡):Petti Four(カフェ)ブリ寿司、ます寿司、ぎんなん餅

2月12日(土)のオヤツ
富山で廻る寿司を食べた後は乙女ならばデザート食べなければいけません。
パティスリー&カフェ
Petti Four
富山県高岡市金屋町13-50
0766-25-6605
テーブル15席のこじんまりした新しめのカフェ。黄色ががったベージュのシンプルで明るい店内。
どれ食べようかなぁ~。
ロールケーキ1本食い?ウホッ
食べたのは上の黒い物体・・・まわりが濃いチョコで中がチョコムース。
いつもはチョコケーキ等は食べないのだが、ちょっとカカオが濃い色が気になった。
上に生ラズベリーと金箔がかけてある。ムースが濃厚でなめらかでなかなか美味しい。
自分用の焼き菓子も買って帰った(すでに完食)
氷見のお土産:海鮮館に売っていた昔亭のブリ寿司とます寿司
実はブリ寿司は初めて食べたのだが、ブリの上に薄くかぶらが乗っているので、
あっさりとした風味になっている。初めてだから・・まぁまぁかな?

残念ながら、ますの方は薄っぺらい印象。
「ますのすし本舗源」のをいつも食べているから比べるとちょっと。
↑このメーカーのますの寿司は西の駅弁おとり寄せ1位だったような。
最近の東京ウォーカーか一週間にも載っていた。
ますが分厚いし、ちゃんと魚の感じが出てるんだよね~。
金沢にも売っているので時々母が買ってくる。う~ま~い~ぞ~
氷見のお土産2:ぎんなん餅本舗おがやのぎんなん餅。
明治5年創業の和菓子の老舗で、古い本店には人が入ったり出たりしていた。

ぎゅうひに銀杏の実を潰した絞り汁を混ぜ込んだお餅で、ほのかに銀杏の香りが漂う。
このぎゅうひが、口に入れるとトロッととろけるくらいやわらかい!
ぎゅうひのお菓子は何度も食べたことがあるが、作りたてだったせいかな?
本当にやわらかく、美味しかった!
この箱の中身、殆ど私が食べたけどね・・。
ぎゅうひのように私のお腹も・・という突っ込みは不要でアルヨ。

包みを開くとお餅の1つ1つにイチョウの絵入りで短歌が書かれた紙が入れてある。
なんと風流ではありませぬか。 ザ・俳句王国
俳句好きの親が粉だらけの紙を全部持っていった・・・・
どうするつもりなんだYO!

  1. 2005/03/08(火) 23:05:00|
  2. 富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:36

ふろふきかぶら、味噌煮込みうどん

先週日曜の自分めし
●みそ煮込みうどん
おのれ!また鍋か!とは言わないで~。これもスポ新聞の男の手抜き料理から。
ダシ400ccに鶏肉をカポーン!と入れてグツグツ、味噌大2、みりん大1を溶かして、うどんを加え、しめじ・長ネギをのせてしばし待たれい。玉子を入れて蓋をして3分間待つのだぞ。オワリ。
ご飯炊くのが面倒だったんで。
●ふろふきかぶら・柚子コショウ味噌
ル・クルーゼの和食本から。
昆布、みりん、塩、醤油でかぶを煮たものに柚子コショウ味噌というのを作ってうえからかける。

かぶがほら、箸でも切れるくらいやわらか~い・・・というか、
ドロドロの一歩手前
作る前は割烹の料理みた~いと思っていたが、こんなの出したら海原雄山に殺されるがな・・。
←柚子味噌たれ
味噌、砂糖、みりん、酒、水、柚子こしょうが中身。
柚子こしょうがなかったら、ただの味噌だれなのでお間違いなく。うちにあってよかったわ。
私が女将です。責任は取ります。ぐらいの気持ちで出したが、親はあっさり風味で気に入ってくれた。修行中の身ということで、やわらかいのも大目にみてくれた。

テレビキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
先週、いきなりテレビがぶっ壊れたので、ラジオ生活を送っていたが、ようやく液晶テレビが届いた。SONYのハッピーベガ。
パナソニックと迷ったが、パナは去年の製品だったし、画質と色を比べて出たばかりのこれにした。MTVでも見たいな~と思っていると
いきなり親が「俳句王国」を見る。

これを見ながらご飯を食べるというほど、苦痛なことはない・・・俳句の趣味はないので。

昔、父親がいた時も休みの日に教育テレビの将棋や碁の番組を延々と見るほど苦痛なものはなかった。。それに興味のない子供なら皆そうだろう。
しかも子供の私に碁の相手をさせる!
いくら周りに相手がいないからって・・・。近くに碁会所もないしね。
子供相手に真剣になるのもどうだか・・・5並べくらいにしてほしい。

テーブルゲームだとよく遊んだのが、子供のうちから人生の甘い酸いを知る人生ゲーム
・・と、7並べと同じくらい意地の悪さがでるダイヤモンドゲーム
特にダイヤモンドゲームは終わった後も、目の前をコマが飛び越える幻覚に襲われた。

レトロなテーブルゲームって好きさ。でも麻雀はルールがよく分からないから出来ない。
人生ゲームと麻雀の線引きが大人への分かれ道な気がする。
勝負の世界でしか生きられない人、囲われものの女、玄人(ばいにん)技・・・
「勝負師伝説 哲也」の読みすぎですか!?

アタチ3チャイ! 「ドンジャラ」しか出来ません・・・

ドンジャラのコマ↓


  1. 2005/03/07(月) 12:35:00|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:39

富山(氷見):きときと寿司氷見本店(回転寿司)

2月12日(土)の昼めし

氷見からの帰りの途中でお目当ての昼めしを。
廻る寿司のきときと寿司(氷見本店)
「きときと」とは、越中富山の方言で“新鮮”の意。
この店は金沢にも支店があるが、ここはその本店。
廻る寿司とはいっても、氷見港も近く新鮮なお魚が自慢。

店に入ると20人くらいが座って待っている・・・しかし!このくらい金沢でも普通だ!
廻る寿司は回転が早いし、ここは座って待てるのでじっくり待つ。
「ボンカレー」ぐらいしか待てない奴は帰るしかない。
(左)いわし、ブリ、ほたるイカ
(右)本まぐろ大トロ、かわはぎ、えんがわ
やはりブロトロだろう・・と思ったらすでに売り切れだったので、普通のブリ。
でも、うんまぁ~です。港も近いし、もちろん天然ものなんだろうな。
ホテルイカは富山の名産。
(左)穴子、ブリ、本まぐろ大トロ
(右)いくら、ひらめ、生サンマ
生サンマというのが珍しい。で、またブリブリ・・・。マグロもね。
あんきももあったけど、1周するうちに取られちゃった!!
寿司コンベアにおける仁義なき戦い。
その他にも北陸だと甘えび、紅ずわいや活バイ・ぼたんえび・活ひらめ・活赤貝など沢山あった。

ここは普通のお寿司だけでも美味しいと思うけど、なぜか邪道寿司がたくさんある。
キャビア・ハンバーグ・牛カルビ・えび天
まぐろユッケ・うずら・合鴨あぶり...

←ビビッたのはたこ焼き寿司
軍艦巻きに玉子ペーストの上にたこ焼きが・・・。
これで、遠く北陸まで来て、たこ焼きが恋しくなった関西人のハートもわし掴みだ!!

・・・とは言っても、誰も食べてる人などいやしません!!
せっかく並んでまで食べてるのに、冷たいたこ焼きはたまの口直しにもならないような。
ま、でもここがこの寿司屋の面白いとこ。

更なるニュースッシーに期待!!

例)
miyukiさんのツナマヨ・納豆・玉子巻き。
●イクラとクリームチーズ
●餃子

  1. 2005/03/06(日) 13:08:00|
  2. 富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34

里芋と鶏そぼろ煮、深川炒め

先週土曜の自分めし
今年の課題である和食の挑戦
●里芋と鶏そぼろ煮
●深川炒め
この中で私が初めて扱った材料が
里芋とアサリ

そぼろ煮は酒大2で鶏肉を炒めて里芋入れて、みりん大1、醤油大1、だし汁1カップで煮る。オワリ。コホコの里芋が出来上がった。
アサリは袋のまま一晩玄関にほっぽりだしたままだった。
大丈夫かー!?
塩を入れてしばらく置いておくも
死んだかな?どうだかな?
「ひろおかすてよか、どしよかな。」
efrinmanさんとこの「すすめ!!パイレーツ」広岡監督ネタがちょうど心のベストテン的タイムリー。

結局、親に選定してもらう。。。
2、3個息をひきとっておられた。

あさりを炒めてお酒を入れて蓋をしてパッカーと開くまで待つ。
豆腐を焼いて、ショウガ、長ネギを炒めて、アサリを戻して醤油と塩で味付け。
みつばを散らしてデキアガリ。

どちらもあっさり目のお味で、最初こういうのを作ると母に伝えると
ちょっと不満気味だったのだが(なんでも文句を言う)、食べてみると美味しいと言ってくれた。
このところ豆腐料理が続いているが「居酒屋ボンバー」並みの必殺得意料理にしたい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨日、うちの会社で私の部署の課長が次長に昇進することに決まった。
部屋に戻ると、皆、「ジチョー!」「ジチョッ!!」と冷やかす。

「わしの所に送るバレンタインには次長さまと書かなければいかんな」
「次長さま、お茶でもお入れいたしましょうか~」
「次長命令ですか!?ハハー!!」
「次長の3分間クッキング!」
だんだん意味不明なギャグのようなノリになってきて、
まさに次長祭り!!

ただいま、次長祭り開催中です。お気軽にご参加ください。

  1. 2005/03/05(土) 06:37:00|
  2. 料理
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:28

金沢:ラーメン(らうめん侍)、パティスリーラクアジュール

ちょっと旅を中断して昨日あった事。

仕事の帰りに母親を迎えに行き、テレビのお金を払うために電機屋に行った。
テレビが届くのは今週の土曜!ラジオの生活から脱出だ!

で・・・その後、夜めしを食べに行こうということになったのだが、
母親に「何を食べたい?」と聞くと返ってきた答えが
「何でもいい」

うちの親の何でもいいと、初デートの時の女の子の「ワタシ、何でもいいの」はヒトクセありだ。
何でもいいと言いながら、和食が好きで、ファミレスや居酒屋は嫌いと言い、
カレーやパスタなら家で作って食べればいいと文句を必ず言う。

父親がいた頃は、殆ど外食したことがない元々がお家ご飯派。
友達とならまた別だろうが、私とだと廻る寿司、うどん&蕎麦くらいしか一緒に行けない。
「あまり食欲がないので、ラーメンだっていい」←母なりの譲歩!?
というので、近くのラーメン屋に向かうことにした。(この店は初めて。情報知らず)

「らうめん 侍」
金沢市鞍月3-27 076-266-3661

やや薄暗く、うちっぱなしのコンクリートの店内にはジャズが流れていた。

私の視点モード
薄暗い・シンプル店内→ムードを意識した若者向けオシャレなラーメン屋。

だが、母の視点モードで見ると
薄暗い店内→不健康なイメージ・・・と映ったようだ。。。( ;゚Д゚)
若者の感覚は分からないらしい。
蛍光灯がずらりと並び目がくらむような店内で食べる方が好みのようだ。
でも、汚い店はいやというから難しい。

そして、食券を買い、出てきたラーメン。

●らうめん(中)と肉めし
トンコツと和風だしをブレンドしたスープ。
ニンニクとゴマを加えて、親のチャーシューをもらって食べた。+煮玉子
肉めしはご飯の上に炭焼きチャーシューとタレがかけてある。

私の視点モード
細いがコシのある麺に、トンコツながら割とさっぱりした味で食べやすい。

母の視点モード
そ・・そういえば、母はトンコツ味が苦手だった~~!!!((( ;゚Д゚)))
親の好みは昔ながらのあっさり中華ソバや醤油味。
しかも、ちじれ麺でなければならない。サッポロ一番?

気まずい雰囲気の中ラーメンを食べ、私が煮玉子を噛んだその瞬間。
ブシューーッ!腕が熱くなったと思ったら、
セーターに黄身の汁が水鉄砲のように飛んでいた!!

ベタベタした黄身がセーターの袖際にこびりつき、ティッシュで拭いたがなかなか取れず、
お店の人が布巾を貸してくれて、ようやく落ちたに見えたが・・・
気分が最悪になってしまった

(お店自体は別に悪くなく、ラーメンもまぁまぁだったのでまた行くと思う・・・一人で)

ラーメン屋を出た後、親が「美味しいものでも買ってく?」というので、
私は「ケーキ!ケーキ!」と小学生のようにねだり、初めての店であったが、
藤江に出来た新しいお店、パティスリーL'aquazurでケーキを買って帰宅した。
お店の中はとてもオシャレでケーキや焼き菓子が沢山ある店だった。

そして、すぐ2人で御茶をいれケーキをいただく。
●モンブラン
●ダークチェリーのケーキ

しかし、親が「・・・・しつこいけど、また文句言っていい?」と言い・・・
どうやら、値段の割りにそんなに美味しい!とは言えないものだったようだ((((((( ;゚Д゚))))))))
確かにスポンジの洋酒のしみこませ方や全体の味にコクがないというか・・・。

親子の食事会はちょっと残念な結果になった。
黄身が飛び散ったセーターの色が濃かったので、目立たないことだけが幸いだった。

セーターへのシミの危険はカレーうどんだけではないということだ。

みんなも気をつけようぜ!キラーン
  1. 2005/03/03(木) 12:45:00|
  2. 金沢(石川)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:40

富山(氷見):朝めしと「大境洞窟住居跡」

2月12日(土)の朝めし
引き続き、民宿「うら屋」さん。
魚の一夜干し、風呂吹き大根、生卵、その他大勢←覚えてない。

自分は旅館の朝めしには、温泉たまごより生たまごが好き。
生卵に醤油を混ぜて、アツアツのご飯の上にかけて食べる。
ドロドロの黄色ご飯に海苔を巻いて食べる至福な時間・・・
.。.:*・゜゚・(´ー`).。*・゜゚・*:.。.

前にロンリープラネットという海外旅番組で、ジャミロクワイのジェイケイ似の外人が
旅館の朝めしで生卵かけご飯を「うへぇ~」という目で見ていたシーンを覚えている。
やはり外人さんは生卵は苦手な人が多いようだ。生麦、生米、生卵。
このメニューが好きな私、ザ・日本人。
さらに、汁かけご飯が好きな私、のび太と同じ。

さて、民宿を後にして氷見観光。
近くの「大境洞窟住居跡」へ。
ここは日本で最初に調査された洞窟遺跡。縄文時代から、ここで生活を営んでいたらしい。
この奥に入ってみたが、天井が低いし崩れ落ちてきそうな感覚に襲われ、非常に恐い。((( ;゚Д゚)))

縄文時代・・・といえば、
「はじめ人間ギャートルズ」
子供心にマンモスの肉が食べたくてしょうがなかった。
マンモス級のどでかい骨付き肉の塊
人生で死ぬまでに食べたい料理の1つだ。

もう一つ、死ぬまでに食べたい料理をあげるとすれば、子豚の丸焼き

5、6歳の頃、親に連れられて横浜中華街に行った。
その時、お店の入り口のガラスケースの中にあった料理の見本。
本格的な店なのか子豚の丸焼きの見本があったのだ。

昔の思い出は断片的なシーンでしか頭に浮かばないが、
この時の情景ははっきり覚えているところを見ると、自分にとって衝撃的な事だったらしい。

「気持ち悪い」、「かわいそう」・・・という気持ちにはならなかったらしく、
「美味しそう」と思ったのか、憧れのイメージで心に残っている。

幼い心に刻まれた憧れは死ぬまでロマン。

その内、夢をかなえたものは「屋台で焼き鳥」「銭湯のコーヒー牛乳」。
子供の頃は親が銭湯で飲み物のんだらいかん!と言われていたので飲めなかった。
今は腰に手をあてて飲み放題さっ!!飲み放題ヨロレイヒ~♪
  1. 2005/03/02(水) 12:33:00|
  2. 富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:29

富山(氷見):民宿「うら屋」のあんこう鍋

2月11日(金)の夜めしの続き
てんこ盛りの刺身を食べた後にさらにメインディッシュ。
●あんこう鍋 「♪あんこ~」って都はるみもビックリな量。
この日、捕れたので鍋にしてもらった。
←煮る前
左側のうすピンクなうら若きお嬢さんが身で、右の脂ののった艶っぽいオネエさんがアン肝。
あんこう鍋は初体験なの、ウフ。
TVで見た茨城の漁師さんは、あん肝を味噌にとかしたものをダシとして鍋を作っていたが、これは薄いダシで似ただけのあっさり味。
あんこうの味があっさりなので、ちょっと物足りない気がしないでもない。鍋だけの場合だったら味噌がよいだろう。だが、今は先に結構な量を食べているので、あっさり味の方が食べやすい。
でも、あん肝の味はこってり。
あん肝促進委員会の私としては
たまりません!
ここでジャーのご飯が登場。
皆様、家族で旅行に行った時など、おひつの余ったご飯を母親がオニギリにしてくれた経験はないですか?
思わず手は夜食のためにオニギリを1個握っていた。。
しかし、塩がない!
なんということだ・・・ただの米の塊・・まぁ、いいか。
←さらにご飯を残った汁の中に入れて、おじやにする。

魚のダシが加わって、かなり美味しいおじやの出来上がり。
前に残しておいたゆで蟹の身を小皿に加えて、さらに蟹風味をプラス。
温かいおじやで体ぽかぽか。そしてすでにお腹はパンパン。
・・・と思ったら、まだ追加の品がきたーー。
●茶碗むし
●おばあちゃんのお手製?の野菜の煮物とフルーツ
むーん・・かなり苦しい。鍋の具を殆ど空にしたもんね。
この辺はもう無心の境地で食べている。。。フルーツが後味さっぱり。ごちそうさまでした!

食後にまたゴルゴ13の続きを読んだり、テレビを見たり。
しかし、しばらくすると、ほら・・・
ほれ・・・お菓子が食べたくなるじゃな~い。(賛同の声モトム)

←自分のカバンに詰めてきたお菓子類類・・・。
服よりもお菓子と酒が多いのでは?と思われる。
おやつは300円までという
黄金の法則を無視した量。


小学生の頃の遠足でお菓子は300円まで!!という厳しい掟の中でよく買ったものは、
「アポロチョコ」「ビックリマンチョコ」
アポロチョコは苺の味とかわいい形がお気に入りだった。
(この辺が女の子らしい)
ビックリマンチョコはシールを机にはったりイタズラに使用した。
(この辺が今の片鱗を垣間見る)

話を戻すと、誰がこれだけ食べるねん!!
って自分でツッコミをいれるほど、何も考えずに持ってきた。(小学生か!?)
この中で食べたのは、小さい袋のチョコ菓子とドライマンゴー、魚とピーナッツ、甘栗。
無駄無駄無駄ァ!とディオばりにお菓子が残った。
その後は牛になるために布団にひっくり返るだけ。

腹肉蓄積工場、腹肉育成委員会、腹肉再製機構
今夜は好きな名前で私を呼んで・・・。
  1. 2005/03/01(火) 02:09:00|
  2. 富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。